官房副長官 自動車の日米交渉 直ちに始める考えない | NHKニュース

ふむ・・・


萩生田官房副長官は記者会見で、アメリカのトランプ大統領が、日本はアメリカの自動車を国内で販売するのを難しくしているなどと批判していることに関連して、経済関係の発展に向けた議論は必要だが、自動車に限った交渉を直ちに始める考えはないという認識を示しました。

この中で萩生田官房副長官は、アメリカのトランプ大統領が、日本はアメリカの自動車を国内で販売するのを難しくしているなどと批判していることに関連して、「日米の経済関係をどのように発展、深化させていくか、新政権とさまざまなレベルで議論しなければならない」と述べました。

その一方で、萩生田官房副長官は「TPP=環太平洋パートナーシップ協定では、自動車分野でも数字も含めて書き込んでおり、その戦略的・経済的意味について理解を求めたい。直ちに自動車の部分だけ2国間で交渉するということにはならない」と述べました。

また、萩生田官房副長官は、TPP政府対策本部の今後の在り方について、「組織は不断の見直しをしなければならない。現段階で直ちに組織を統合するとか、新組織に変えるということを決定しているわけではないが、人材が限られる中で、日本が掲げた自由貿易圏の旗に向け、どう国内組織を回していくかというのはこれからの課題だ」と述べました。

情報源: 官房副長官 自動車の日米交渉 直ちに始める考えない | NHKニュース

ほぉ。