大人のおもちゃ、子ども向け玩具より「安全」 スウェーデン調査 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

ほぉ・・・


香港のアダルトグッズ店(2016年11月3日撮影、資料写真)。(c)AFP/ANTHONY WALLACE

【1月24日 AFP】スウェーデン化学物質庁(Swedish Chemicals Agency)は23日、アダルトグッズの方が子どもの玩具より使用されている危険な化学物質が少ないとの調査報告書を発表した。

2016年にスウェーデン化学物質庁が実施した調査によると、スウェーデンに輸入された44の性具のうち禁止化学物質を含むものは全体の2%で、樹脂製のディルド(人工ペニス)1製品にのみ、発がん性が疑われる禁止化学物質の「塩素化パラフィン」が含まれていることが判明。一方、2015年に同庁が同国の112の玩具を調査したところ、全体の15%に鉛などの禁止化学物質が含まれていることが分かった。

化学物質庁の検査官、フリーダ・ラムストローム(Frida Ramstrom)氏はAFPの取材に対し、「ちょっとした驚きだった」と語った。同庁によるこうした調査は初めての試みだという。

同庁は、なぜ子どもの玩具の方が危険な化学物質を含む製品が多いのか、理由の特定は難しいとしながらも、要因の一つとして、輸入元企業の規模の違いが挙げられると指摘している。

性具は比較的規模の大きい企業が輸入するケースが多いため、有害化学物質の使用を避けるように製造業者に圧力をかけることが可能だが、それに対して、子どもの玩具の輸入元はより規模の小さい企業であることが多く、そうした要求をする力が性具の輸入元に比べて小さいという。

スウェーデンの法律では、子どもの玩具に含まれる化学物質は「人の健康に危険を及ぼすものを使用してはならない」と規定されている。

英市場調査グループのテックナビオ(Technavio)によると、性具の世界市場規模は年間推定約200億ドル(約2兆2600億円)。同市場は2016~2020年に年7%近くの成長が見込まれている。(c)AFP/Ilgin KARLIDAG

情報源: 大人のおもちゃ、子ども向け玩具より「安全」 スウェーデン調査 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

へぇ・・・