居座り大統領が国の金を持ち逃げか ガンビア財政難に | NHKニュース

マジか・・・


西アフリカのガンビアでは、任期が切れたあとも居座り続けた前の大統領が亡命して緊張が和らいだものの、今度は、中央銀行に保管されていた現金などが、ほぼすべて無くなっていたことが明らかになり、ガンビア政府は、財政難という重い課題を突きつけられています。

ガンビアでは、22年間政権を維持してきたジャメ前大統領が、選挙で敗れて任期が切れたあとも大統領職に居座り、周辺諸国が武力での排除をちらつかせながら退陣の説得に当たりました。

その結果、ジャメ氏は赤道ギニアに亡命しましたが、23日、中央銀行に保管されていた現金などが、ほぼすべて無くなっていたことが明らかになりました。

総額など詳しいことはわかっていませんが、ガンビア政府によりますと、ジャメ氏は、過去2週間ほどの間に国庫から少なくとも日本円で12億円余りを引き出していたということです。

ほかにも首都の空港ではジャメ氏が亡命する直前、所有する高級車などが貨物機に積み込まれているのも見つかっていて、ガンビア政府は巨額の国庫の紛失にジャメ氏が関わっていると見て調べています。

ガンビアでは周辺諸国の軍事介入という最悪の事態は避けられたものの、今度は財政難という重い課題を突きつけられています。

情報源: 居座り大統領が国の金を持ち逃げか ガンビア財政難に | NHKニュース

ひでぇ・・・