メキシコ大統領「米に服従しない 解決策は対話と交渉」 | NHKニュース

ふむ・・・


メキシコのペニャニエト大統領は23日、メキシコへの批判を繰り返してきたアメリカのトランプ大統領を念頭に、「われわれは対立も服従もしない。解決策は対話と交渉にある」と述べ、メキシコの国益を守るためアメリカの一方的な批判には屈しない考えを強調しました。

メキシコのペニャニエト大統領は23日、首都メキシコシティーで議員や経済界のリーダーらを前に演説しました。

この中で、アメリカの雇用を奪っているなどとメキシコへの批判を繰り返してきたトランプ大統領を念頭に、「われわれは対立も服従もしない。解決策は対話と交渉にある」と述べメキシコの国益を守るため、アメリカの一方的な批判には屈しない考えを示しました。

そのうえでトランプ大統領が見直しに向けてメキシコとカナダとの間で再協議に入ると表明したNAFTA=北米自由貿易協定に関しては、「健全な競争のもとで、さらにアメリカ・カナダへの輸出を増やし、地域の競争力を高めていきたい」と述べ、NAFTAを維持したいとの考えを示しました。

また、TPP=環太平洋パートナーシップ協定についてはトランプ大統領が離脱するための大統領令に署名し、発効のめどが立たなくなったものの、今後、関係国と2国間での協議を進めたいとの考えを示しました。

両大統領は今月31日に首脳会談を行う予定で、対立する貿易や移民の政策で妥協点が見いだせるのか焦点となっています。

情報源: メキシコ大統領「米に服従しない 解決策は対話と交渉」 | NHKニュース

ほぉ・・・