防衛通信衛星 H2Aロケットで打ち上げ

成功した模様。


防衛省が、部隊どうしの情報共有のために初めて独自に導入する防衛通信衛星が、24日午後に鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Aロケットの32号機で打ち上げられ、衛星は予定どおり地球を回る軌道に投入され、打ち上げは成功しました。

防衛通信衛星を載せたH2Aロケットの32号機は、24日午後4時44分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、合わせて4本の補助ロケットやロケットの1段目を切り離しながら上昇を続けました。
そして、打ち上げからおよそ30分後、防衛通信衛星を地球を回る予定の軌道に投入して打ち上げは成功しました。

今回、防衛省や打ち上げを行った三菱重工業は、安全保障に関わる衛星の打ち上げだとして、衛星を切り離した正確な時間や高度などの情報を明らかにしていないほか、ロケットから地上に届いた映像も公開していません。

24日に打ち上げられた防衛通信衛星は、防衛省が初めて独自に導入するもので、広い範囲に展開する部隊どうしの情報共有に使われます。防衛省は、現在、民間企業が打ち上げた3機の通信衛星を利用していますが、このうち2機が設計上の寿命となっているため、通信の強化も狙って新しい衛星が整備されることになりました。

新しい衛星では、高速で大容量のデータのやり取りができるため、弾道ミサイルの発射情報の伝達や、海外に展開する部隊の動画の伝送などがより速やかに行えるようになるということです。

防衛通信衛星は「きらめき」と名付けられ、合わせて3機の打ち上げが計画されています。当初は、去年7月に「きらめき1号」の打ち上げが予定されていましたが、輸送中に一部が壊れるトラブルが起きたため、今回、「きらめき2号」が先に打ち上げられました。
防衛省では残る2機の「きらめき」のうち、「1号」については来年にヨーロッパのアリアンスペース社のロケットでの打ち上げを目指しているほか、「3号」については4年後の2021年の打ち上げを目指しています。

情報源:防衛通信衛星は予定の軌道に 打ち上げ成功 | NHKニュース


防衛省の通信衛星「きらめき2号」を載せたH2Aロケット32号機が24日午後4時44分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。約30分後、衛星を正常に分離し、打ち上げは成功した。H2Aの成功は26回連続。成功率は96・9%になった。

きらめき2号は、防衛省が初めて保有・運用する衛星。これまで使ってきた民間衛星より高速、大容量の通信ができる。画像送信や陸海空3自衛隊の部隊間の直接通信も可能で、一元的な指揮統制に使われる。防衛省は2020年度末までに3機を打ち上げる計画。1号が発射場のある南米ギアナへの輸送中に損傷し、昨年7月の予定だった打ち上げが来年に延期されたため、2号が先行した。運用期間は約15年間。

防衛省によると、これまでの民間衛星は音声やファクスなどにしか使えず、部隊間通信にも制限があったため、11年に後継3機の導入を決めた。すべて運用されると、太平洋からインド洋までをカバーするという。全機の運用終了までの総経費は約2300億円。(岡村夏樹)

情報源:H2Aロケット打ち上げ成功 防衛省初の通信衛星を搭載:朝日新聞デジタル


通信衛星「きらめき2号」を載せ発射地点に移動したH2Aロケット32号機=24日午前7時8分、鹿児島県の種子島宇宙センター

防衛省の通信衛星「きらめき2号」を搭載したH2Aロケット32号機が24日午後4時44分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。

きらめき2号は防衛省が初めて独自に保有する衛星。現在利用している民間衛星と比べ通信を高速・大容量化できる。陸海空の各自衛隊は通信方式が異なり、衛星を利用した連携が難しかったが、これらを一元化できる。

災害時の捜索や復旧活動を含む有事での即応体制の強化につなげる。国連平和維持活動(PKO)への参加などで自衛隊の活動地域が拡大する中、指揮・統制力の向上が期待される。

現行の民間衛星3基のうち、2基は平成27年度に設計上の寿命を迎えている。きらめき2号はうち1基の後継機で、順調にいけばインド洋上空の静止軌道で3月から運用する。1号は30年、3号は32年度末にいずれも海外で打ち上げる。

通信衛星「きらめき2号」を載せ発射地点に移動したH2Aロケット32号機=24日午前7時3分、鹿児島県の種子島宇宙センター

情報源:防衛通信衛星を打ち上げ H2Aロケットに搭載 種子島  – 産経ニュース


三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は24日午後4時44分、防衛省の独自の通信衛星を搭載したH2Aロケット32号機を、種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げた。約1時間後に衛星を分離し、午後6時半ごろに予定の軌道に乗ったかどうか判明する見通しだ。

昨年予定されていた「きらめき1号」の打ち上げが輸送時に損傷したために延期され、今回が初の打ち上げ。

搭載する通信衛星「きらめき2号」は、現在使っている民間衛星に代わる防衛省の独自衛星。雲などの影響を受けにくい波長帯域を利用し、高速で安定的に通信する。陸、海、空の自衛隊の部隊間通信を一元化でき、効率よく情報を共有できるという。

情報源:防衛省の独自通信衛星打ち上げ H2Aロケットで  :日本経済新聞


防衛省が、部隊どうしの情報共有のために初めて独自に導入する、防衛通信衛星を載せたH2Aロケットの32号機が、午後4時44分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。H2Aロケットはこのあと、防衛通信衛星を地球を回る軌道に投入することになっています。

防衛通信衛星を載せたH2Aロケットの32号機は、24日午後4時44分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられました。合わせて4本の補助ロケットやロケットの1段目を切り離しながら上昇を続けているものと見られます。

H2Aロケットはこのあと、防衛通信衛星を地球を回る軌道に投入することになっていますが、今回、防衛省と打ち上げを行う三菱重工業は、安全保障に関わる衛星の打ち上げだとして、衛星を切り離す時間や高度などの情報を明らかにしていません。

防衛通信衛星は、防衛省が初めて独自に導入するもので、広い範囲に展開する部隊どうしの情報共有に使われます。
防衛省は現在、民間企業が打ち上げた3機の通信衛星を利用していますが、このうち2機が設計上の寿命となっているため、通信の強化も狙って新しい衛星が整備されることになりました。

新しい衛星では、高速で大容量のデータのやり取りができるため、弾道ミサイルの発射情報の伝達や、海外に展開する部隊の動画の伝送などがより速やかに行えるようになるということです。

情報源: 防衛通信衛星 H2Aロケットで打ち上げ | NHKニュース


H2Aは順調に実績を積んでいるな。