児童ポルノCG、控訴審は罰金刑のみ 東京高裁判決 :日本経済新聞

ほぉ・・・


CG(コンピューターグラフィックス)による少女の裸の画像を制作、販売したとして、児童ポルノ禁止法違反(提供など)の罪に問われたグラフィックデザイナー、高橋証被告(56)の控訴審判決が24日、東京高裁であった。朝山芳史裁判長は一部を無罪とし、懲役1年、執行猶予3年、罰金30万円とした一審・東京地裁判決を破棄し、罰金30万円のみを言い渡した。

一審判決は、起訴された34点のCG画像のうち、3点について実在する少女の写真との同一性を認め、児童ポルノにあたるとした。

朝山裁判長は「34点の画像を含む2つのCG集のうち、1つは児童ポルノに当たる画像を含まない」と指摘した。

弁護側は控訴審で「画像は児童ポルノに該当せず、一審判決は芸術活動を萎縮させる」などと無罪を主張していた。

一審判決によると、高橋被告は2009年、パソコンで画像を作成し、インターネットのサイト運営会社を通じて3人に計4410円で販売したとされた。

情報源: 児童ポルノCG、控訴審は罰金刑のみ 東京高裁判決  :日本経済新聞

ふむ。