ホテルの絵画盗んだ容疑、旅行で訪日中のタイ人の男逮捕 京都:イザ!

3点で時価1万5千円相当・・・


ホテルの通路に飾られていた絵画を盗んだとして、京都府警中京署は24日、窃盗容疑でタイ国籍の自称公務員、スパット・サグワンディークル容疑者(60)を逮捕した。同署によると、容疑を認め、「商務省に勤務している」などと供述しているという。

逮捕容疑は23日午後3時~24日午前4時50分ごろにかけ、京都市中京区のホテルで、9~10階の通路に飾られていた絵画3点(時価計1万5千円相当)を盗んだとしている。

同署によると、絵画がなくなっているのを従業員が発見し、同日午前7時15分ごろ、同署に通報。防犯カメラの映像を調べると、サグワンディークル容疑者の犯行の一部始終が写っていた。同10時ごろ、チェックアウトの際に同署員が職務質問し、キャリーバッグを確認すると、盗まれた絵画3点が入っていたため緊急逮捕した。

サグワンディークル容疑者は旅行のため1人で京都を訪れ、23日から同ホテルに宿泊していたという。

情報源: ホテルの絵画盗んだ容疑、旅行で訪日中のタイ人の男逮捕 京都:イザ!

なんでそんなものを盗んだかね・・・