差出人「葉山ゆい」とは何者? 架空の社長誕生会で協賛金詐取、“犯人捜し”過熱:イザ!

ふむ・・・


大阪府内の企業などに送付された「社長のサプライズ誕生日会」の偽招待状のコピー

「葉山ゆい」を名乗る人物が実在する複数の企業の社員をかたって「社長のサプライズ誕生日会」をでっち上げ、各企業の取引先から協賛金をだまし取る事件が大阪を中心に相次いでいる。大阪府警は昨年12月に数十社に招待状が届いたことを確認。ほとんどの取引先は「怪文書」に近い招待状の軽薄さに疑問を持って被害を免れたが、うち4社は計18万円分をまんまとだまし取られた。「葉山ゆい」とは何者なのか。ネットでは“犯人捜し”が過熱している。

「初めまして!○○社の葉山ゆいと申します!(写真には何もツッコまないでください!)笑。一応自己紹介に。。」

「決めポーズ」の美形女性の写真の横につづられた「葉山ゆい」による軽いノリのあいさつ文だ。「社長のサプライズ誕生日会」の紹介は、およそ企業間のやり取りでは考えられない文面で始まった。大阪府警によると、昨年12月、封書2枚が大阪府内を中心に数十社に届いた。発信元の企業名や社長名はそれぞれの取引先で異なっていたが、その他の内容は全て同じ。大阪や東京に本社を置く商社、ゲーム制作会社などが招待状の発信元に悪用されていた。

「葉山ゆい」は文面で、自らの勤務先の社長のサプライズ誕生日会を1月中旬、大阪市内の有名ホテルを会場に300人規模で実施し、余興で催すビンゴ大会の景品代として、インターネット通販大手「アマゾン」のギフト券(電子マネー)を協賛金として要求。自転車やゲーム機の写真を掲載したうえで、土下座姿で「お願いします!」と訴えている。

招待状の送付先企業の男性担当者をひきつけるためなのか、虚言は封書の2枚目でさらにエスカレート。当日は「葉山ゆい」を中心とする「おもてなし女子チーム」が手作り料理を振る舞い、女子社員によるショーを楽しめるなどとした。

協賛金を詐取するための手口は単純だ。コード番号さえ分かればネット上で商品購入が可能なアマゾンギフト券のシステムを悪用。招待状の送付先企業にギフト券の利用権を購入させ、コード番号を指定のフリーメールアドレスへ送信するよう求めた。

府警が確認した招待状の送付先数十社のうち、ほとんどはだまされることなく警察などに相談した。それでも4社が2万~10万円分のギフト券のコード番号を送信して利用権を詐取され、12月中の被害総額は計18万円に上った。

発信元として記載された企業に確認を取れば、即座に誕生日会は虚偽であることが判明するはずだ。また、誕生日会場として記され、問い合わせがあったホテルの広報担当者は「誕生日会の予定がないことを伝えた」といい、ホームページ上で注意喚起を掲載したという。にもかかわらず、被害は続いた。

招待状の文面に繰り返し登場する「サプライズ」の文言が巧妙なだましのからくりだった。文面で「葉山ゆい」はサプライズで社長の誕生日を祝うため、「代表(社長)にはまだ内密にお願いします」と求めていた。捜査関係者は「発信元と実際に取引があった企業だから、誕生日会が現段階では極秘であるとの記述に配慮し、発信元などに確認しないまま協賛金を支払ったのではないか」とみる。

一方、発信元とされた兵庫県内のメーカーの担当者は「取引先から問い合わせを受け、誕生日会の主催者側をかたられたことを知った。ホームページ上でも注意喚起をしたが大変遺憾」と怒り心頭だ。

ネット上には「謎の正体・葉山ゆいとは一体誰・何者だ」と題したブログが立ち上がるなど、波紋を広げている。ネットで「葉山ゆい」を検索すると、風俗嬢やレースクイーン、札幌のホステスなど、いずれ劣らぬ美形の女性ばかりが出てくることも想像をかき立てて“犯人捜し”は過熱気味だ。

同様の被害については、容疑者側が警戒感を強めたためか、1月以降、沈静化しつつあるが、府警幹部は「犯人は何らかの方法で発信元とされた企業の取引先リストを入手したとも考えられる。今後も同じような不審な封書などが届いた場合にはすぐに信用せず、警察に連絡してもらいたい」と注意を呼びかけている。

情報源: 差出人「葉山ゆい」とは何者? 架空の社長誕生会で協賛金詐取、“犯人捜し”過熱:イザ!

えぇ。