【海外発!Breaking News】吃音症を患う男性客に、無神経な対応をしたスタバ店員 猛批判を受ける(英) | Techinsight

えぇ・・・


吃音症を患う人たちにとって、コミュニケーションを図るのは至難の業と言われる。懸命に話そうとしてもからかいや苛めの対象になりがちで、そうした苦難を日々乗り越えて生活している人もいるのだ。このほど、ある男性がスターバックスで飲み物を注文した際に吃音が出てしまい、バリスタが非常に無神経な対応をしたことで世間から猛批判を受けた。英紙Metroら複数のメディアが伝えている。

吃音症の男性を侮辱したスタバ店員(出典:http://metro.co.uk)

英ケント州でIT会社を経営しているリチャード・プロクターさんは13日の朝、同州にあるアッシュフォードインターナショナル駅のスターバックスで許し難い侮蔑行為を受けた。

飲み物を注文した時に吃音が出てしまったリチャードさんのカップに、バリスタが「RRR…ichard(リリリ…チャード)」と書いて手渡したのだ。

リチャードさんはこの無神経なバリスタの対応に憤りを感じた。「これまで何十年も吃音についてからかわれてきたので、大体は我慢できます。でも世の中には公共の場でこのようなからかいや侮辱を受けることに対応できない人もたくさんいるのです。どういうわけか、吃音症の人たちにこうした対応をしてもたいしたことではないと一部社会が思っているようなところがありますが、もっと明らかな障がいを持った人たちに同じ対応をしても、それも許容範囲なのかというとかなり疑わしいでしょう」と話している。

英国吃音症協会(BSA)のチーフであるノーバート・リークフェルト氏は「吃音者は平等法が定める身体的または精神的な機能障害を持つ障害者に該当します。差別することが禁止されているにもかかわらず、こういった侮辱的で無神経な対応を受けることは吃音者が日々直面している一例に過ぎません。しかし吃音者への対応がこのようであれば、スターバックスでは脳性麻痺の患者にはどんな対応をするのでしょうか」と疑問を呈する。

また「Disability Rights UK(英国障害者権利の会)」の副代表スー・ボットさんは「この写真を見てとてもショックを受けました。この対応は明らかに2010年平等法に反した差別行為です」と断言し、「法的措置を考えているなら喜んで弁護士を手配する」ともリチャードさんに伝えているそうだ。

スターバックスのスポークスマンは「今回の出来事は非常に残念です。直接リチャードさんに謝罪するよう連絡を取っているところです。従業員の対応は容認できないものであり現在、懲戒処分を検討しています」と明かしている。

この無神経でしかない従業員の対応には世間から批判の声が多々あがっている。ネット上には「こんなバリスタ、すぐにクビにすべきだ」「障害者をからかって何が面白いの!?」「最低!」「失礼極まりない」「信じられないぐらい無神経」という非難の声の他に「もうカップに名前を書くというのはやめるべきでは?」といった意見もあるようだ。

出典:http://metro.co.uk

情報源: 【海外発!Breaking News】吃音症を患う男性客に、無神経な対応をしたスタバ店員 猛批判を受ける(英) | Techinsight|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト

なんだかなぁ・・・