沖縄・安慶田光男副知事辞任へ 教員採用依頼疑惑で引責…辺野古移設、政府との交渉役 – 産経WEST

ハァ・・・


縄県の安慶田光男副知事が周辺に辞任する意向を伝えたことが23日、分かった。県関係者が明らかにした。翁長雄志知事は同日、緊急の記者会見を開き、副知事の辞任を正式に発表する。平成27年に実施された公立学校教員採用試験で、特定の受験者を合格させるよう県教育委員会側に働き掛けた疑惑を受けた事実上の引責辞任。

安慶田氏は26年12月の翁長県政発足時から副知事を務めてきた翁長氏の側近で、政府と対立する米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に関する政府との交渉を担当してきた。

移設を巡る交渉への影響は不可避で、移設阻止を掲げる翁長氏の県政運営には大きな打撃となる。

元那覇市議会議長の安慶田氏は、普天間飛行場移設を巡る政府との作業部会で県側の代表を務め、杉田和博官房副長官らと交渉を重ねた。沖縄の基地問題で政府側を取り仕切る菅義偉官房長官と翁長氏との間の橋渡し役を担ってきたとされる。

関係者によると、安慶田氏は、副知事室に県教委の職員らを呼び出したり、職員に電話をかけたりするなどし、複数の受験者について合格を働き掛けたとされる。

情報源: 沖縄・安慶田光男副知事辞任へ 教員採用依頼疑惑で引責…辺野古移設、政府との交渉役 – 産経WEST

ふむ。