GPS使った捜査 千葉県警が裁判所の令状取り実施

ふむ・・・


千葉県警が昨年、全国で初めて裁判所の令状を取り、捜査対象者の使っていた車に全地球測位システム(GPS)端末を取り付けていたことが捜査関係者への取材で分かった。

令状のないGPS捜査の違法性を巡っては各地の裁判所で判断が分かれており、最高裁大法廷は春にも統一判断を示すとみられる。

捜査関係者によると昨年、自動車盗事件の捜査で、関与しているとみられる人物の行動を把握するため、本人が使っていた車にGPS端末を取り付けた。

令状は(1)捜査に支障がなくなった段階で、本人にGPS端末を使用したことを提示する(2)端末を取り付ける際、無断で私有地に立ち入らない–などの条件で請求した。

GPS捜査を巡り、名古屋高裁は昨年6月、「プライバシー侵害の危険性がある」として、高裁レベルでは初めて令状がなければ違法とする判断を示し、立法措置の必要性も指摘。一方で広島高裁は同7月、令状は不要で適法とした。

警察庁は2006年にGPS捜査の通達を出し、犯罪の疑いや危険性が高く、速やかな摘発が求められ、他の手段で追跡が困難な場合、裁判所の令状が必要ない任意捜査で利用できるとしている。(共同)

情報源:GPS捜査:初の令状、千葉県警が取得 高裁判断分かれ – 毎日新聞


千葉県警が全国で初めて裁判所の令状を取った上で、捜査対象者の車両に全地球測位システム(GPS)の端末を取り付けていたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。

GPS捜査に令状が必要かどうかをめぐっては、各地の裁判所で判断が分かれており、最高裁は今春にも初の統一的な判断を示す見通し。

捜査関係者によると、県警は昨年、県内で起きた組織的な自動車窃盗事件の捜査で、捜査対象者が使っていた車にGPSの発信器を取り付けた。

令状請求の際、捜査の見通しが立った段階で本人に知らせることや、取り付ける際に私有地に入らないことを裁判所に説明。令状を取ったという。

警察庁はGPS捜査について、令状は必要ない「任意捜査」と位置付けている。県警は、最高裁の判断が出る前に、違法な証拠収集と指摘されないようにするために、令状を取得したとみられる。(2017/01/23-11:22)

情報源:令状取りGPS捜査=全国初、自動車盗事件で-対象者に通知・千葉県警:時事ドットコム


千葉県警が昨年、自動車窃盗事件の捜査で、容疑者の車に全地球測位システム(GPS)の端末を取り付ける際、事前に裁判所の令状を取得していたことが捜査関係者への取材でわかった。

警察庁は、GPSは「任意捜査の範囲内」との立場をとってきており、令状を取得したのは全国初。

令状を取らずにGPSを取り付ける捜査手法を巡っては、全国の裁判所で判断が分かれ、最高裁大法廷が審理を進めている。最高裁の判断が出ていない中、県警は、違法な証拠収集と判断されることを避けるため、令状を取得したとみられる。

捜査関係者によると、県警は、捜査に一定の見通しがついた段階で本人にGPS端末の使用を伝えることや、取り付ける際に第三者の私有地に立ち入らないことなどを裁判官に説明した上で、令状を取得した。その後、容疑者を逮捕し、本人にもGPSを取り付けたことを通知したという。

情報源:容疑者の車にGPS、初めて令状取得…千葉県警 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


自動車盗事件の捜査で千葉県警が昨年、裁判所の令状を取った上で、捜査対象者の車両に衛星利用測位システム(GPS)の発信器を取り付けていたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。警察庁がGPS捜査について、令状が不要な「任意捜査」と位置づける中、裁判所の令状取得は全国で初めて。

GPSは人工衛星を利用して正確な位置を特定できるため、捜査への活用には「プライバシー侵害にあたる」との批判もある。裁判所の令状なしに発信器を取り付け、得た情報を証拠に立件した事件の刑事裁判では、GPS捜査が令状が必要な「強制捜査」と、令状の不要な「任意捜査」のどちらにあたるかが争われるケースが相次いでいる。

地裁、高裁でも結論が分かれており、今後、最高裁が15人の裁判官全員による大法廷での審理を経て初の判断を示す見通しだ。

警察庁は平成18年に全国の警察に通達を出しており、運用基準では(1)速やかな摘発が求められる(2)他の捜査では追跡困難-などの場合に利用できるとしている。令状は不要と位置付けられているが、刑事訴訟法などに規定はなく、明確な法的根拠はない。

捜査関係者によると、県警は昨年夏ごろ、千葉県船橋市を中心に発生していた複数の自動車盗事件で、事件に関与したと疑われる男が使っていた車両に、令状を取った上でGPS発信器を取り付けて捜査。11月ごろ、この男ら窃盗グループの複数の容疑者を窃盗容疑で逮捕した。

裁判所に令状を申請する際には、「捜査の見通しが立った段階で本人に発信器を使用したことを告げる」などの条件を付け、令状を取得したという。

情報源:全国初、令状取りGPS捜査 自動車盗事件で千葉県警 裁判所の判断分かれる(1/2ページ) – 産経ニュース


容疑者の車などに、裁判所の令状を取らずにGPS端末を取り付ける、警察の捜査が違法かどうかをめぐり、最高裁判所が審理を進める中、千葉県警察本部が初めて令状を取り捜査を行ったことが、捜査関係者への取材でわかりました。警察庁は個別の事案についてのコメントは差し控えるとしたうえで、「立証に万全を期すうえでの1つの手段だと考えている」としています。

容疑者の車などに裁判所の令状を取らずに、GPS端末を取り付けて行動を把握する、警察の捜査手法をめぐっては、違法かどうかを争う裁判が全国で相次いでいます。

各地の判決では、「任意捜査の範囲内だ」とする判断と、「プライバシー侵害の危険があり、令状が必要な強制捜査に当たる」などとする判断に分かれていて、最高裁判所は15人の裁判官全員による大法廷で審理を進めています。

こうした中、去年、千葉県警察本部が、自動車盗の事件の捜査で、全国で初めて裁判所の令状を取り、事件に関わっていると見られる人物が使っていた車にGPS端末を取り付けて捜査を行ったことが、捜査関係者への取材でわかりました。

令状を申請する際、千葉県警は、捜査に一定の見通しがついた段階で、本人に対してGPS端末の使用を伝えることや、端末を取り付ける際、私有地に無断で立ち入らないなど、第三者の権利を侵害しないことを条件に申請し、令状を取ったということです。

捜査関係者によりますと、同様の事件の裁判で令状を取らなかったことを違法だとして、証拠として採用しなかったケースもあったことから、捜査が適正に行われていることを示す目的があるほか、容疑者側が不服を申し立てる機会を確保する狙いなどもあるということです。

警察庁は「個別の事案についてのコメントは差し控えるが、GPS端末を使った捜査は尾行の補助手段で令状がいらない任意の捜査だという立場に変わりはなく、令状を取ることは立証に万全を期すうえでの1つの手段だと考えている」としています。

運用要領 「尾行困難で特に必要がある場合」

警察庁によりますと、GPS端末を使った捜査は尾行の補助的な手段という位置づけで、警察庁は平成18年、裁判所の令状がいらない任意の捜査だとしたうえで、捜査員の尾行が困難で、捜査上特に必要がある場合に使うことができるとした運用の要領を、全国の警察に通知しています。

また要領では、GPS端末を使った捜査を行う場合には、事前に捜査を担当する警察本部の課長の承認を得たうえで、捜査員は毎日、運用状況を上司に報告し、必要がなくなった時は直ちにやめるとしています。

捜査関係者によりますと、GPS端末を使った捜査は、一般的に事件に関わっていると見られる人物が使う車などに発信器を取り付け、警察は車の位置情報を基に行動を把握するもので、車で広範囲に移動する場合がある窃盗事件などの捜査で行われているということです。

令状取らない捜査 裁判所の判断分かれる

裁判所の令状を取らずにGPS端末を車に取り付ける捜査手法をめぐっては、逮捕・起訴されたあとの事件の裁判で、被告や弁護士などが「GPS端末によって24時間行動を監視されるのはプライバシーの侵害に当たり違法だ」などと主張し、争うケースが各地で起きています。

大阪などで起きた窃盗事件の裁判で、おととし、1審の大阪地方裁判所は、警察が捜査の過程で、裁判所の令状を取らずに容疑者の車やオートバイにGPS端末を取り付けて行動を監視していたことをめぐり、「プライバシーを大きく侵害するため、強制捜査に当たり、令状を取らずに行ったのは違法だ」と判断しました。
しかし、2審の大阪高等裁判所は、「過去に強制捜査に当たるという司法判断が示されたり定着したりしていたわけではなく、重大な違法があったとは言えない」という異なる判断を示し、最高裁判所は15人の裁判官全員による大法廷で審理を進めています。

令状なしのGPS捜査をめぐっては、各地の裁判所で判断が分かれていて、去年、広島高裁や福井地裁の判決では「任意捜査の範囲だ」などとして違法ではないという判断が示された一方、名古屋高裁や水戸地裁などでは「プライバシーを侵害する危険性があり、令状が必要な強制捜査に当たる」などとして違法だとする判断が示されていて、最高裁の判断が注目されています。

専門家「必要最小限が原則」

警察の捜査に詳しい常磐大学の諸澤英道元学長は、「今回令状を取ったのは任意捜査ではあるが、あくまで念のためにという考えだと思う。仮に違法な捜査だと裁判所から指摘されると、判決に影響する可能性が非常に高い。警察としては、任意捜査か強制捜査かの議論がある問題について、令状を取って丁寧に捜査をする姿勢だと考えられ、その点は評価すべきではないか」と話しています。

そのうえで、「GPS端末は一度付けると、取り外すまでおよそ捜査とは関係のない時間帯の情報もたくさん集まる。仮に捜査員が悪意を持って得られた情報を別の目的で使うこともできないわけではない。GPS端末を使った捜査は必要最小限に行うのが原則だ」と指摘しています。

情報源: GPS使った捜査 千葉県警が裁判所の令状取り実施 | NHKニュースAmazonリンクを追加


車用のGPSロガーね・・・