「退位の場合 全行為は新天皇に」有識者会議で宮内庁 | NHKニュース

ふむ・・・


政府は、天皇陛下の退位などを検討する有識者会議が今月11日に開いた会合の議事概要を公表し、宮内庁の西村次長は、天皇陛下が仮に退位された場合には、陛下が重視されてきた被災地の訪問など、公的行為を含めて新天皇が行われることになるという認識を示しています。

政府は、天皇陛下の退位などを検討する有識者会議が論点整理を取りまとめるのに先立って、今月11日に開いた会合の議事概要を公表しました。

それによりますと、宮内庁の西村次長が、「仮に御代替わりがあった場合には、陛下が象徴としてなされてきた行為は、基本的にすべて新天皇にお譲りになり、象徴が二元化することはありえない」と指摘し、陛下が重視されてきた被災地の訪問など、公的行為を含めて新天皇が行われることになるという認識を示しています。

また、西村次長は、「その後、何をされるかはご意思に基づいてお考えになるもので、第三者が強制するものではないと考えている。皇太子殿下は天皇陛下のなさりようを常に見ておられ、陛下のご活動に対するご理解は十分である」と説明しています。

また、議事概要では、天皇陛下の退位について賛成論と反対論が記載される一方、天皇陛下一代限りの退位について賛成する意見のみが記載されているほか、将来のすべての天皇が退位できるようにすることに対しては、否定的な意見のみが明記されています。

情報源: 「退位の場合 全行為は新天皇に」有識者会議で宮内庁 | NHKニュース

へぇ。