ギャラクシーノート7発火原因、「バッテリー自体の欠陥」で最終結論

おや、先日はバッテリー不ぞろいが原因とか言ってたよな?


記者会見するサムスン電子の高東真・無線事業部長=23日、ソウル(共同)

【ソウル=桜井紀雄】韓国のサムスン電子は23日、昨年相次いだスマートフォン「ギャラクシーノート7」の発火トラブルについて、バッテリーの欠陥が原因だと結論付ける検証結果を発表した。端末本体や内蔵するソフトウェアに設計上の欠陥は見つからなかったという。

サムスンは、端末約20万台とバッテリー約3万台を使い、数カ月間にわたって発火の再現実験を繰り返してきた。その結果、傘下の「サムスンSDI」が製造したバッテリーと、発火トラブルを受けて交換した中国企業製造のバッテリーの双方で、別の原因で発火が起きたという。米国の検証機関などの実験でも同様の結果が出たとされる。

この日、会見したサムスン電子の高東真(コドンジン)・無線事業部長は「責任を痛感する」などと陳謝。新たに発売する「ギャラクシーS8」では、バッテリーの安全性を高める措置を取ったことを強調した。

サムスンでは、経営トップの李在鎔(イジェヨン)副会長ら幹部が朴槿恵(パククネ)大統領と友人の疑惑をめぐって捜査対象になり、イメージダウンが懸念されている。それだけに、今回の発表で、主力のスマホの安全性に対する消費者の不安を最大限払拭したい考えだ。

昨年8月に発売されたノート7は発火のトラブルが相次ぎ、サムスンはリコール(無料の回収・修理)を発表。交換後の代替品でも発煙事例が報告され、最終的に生産、販売を停止した。発火をめぐっては、高機能を搭載するため、狭い空間でバッテリー容量を無理に増やしたことが発端ではないかなどと指摘されていた。

ノート7は、日本では販売されていない。

発火によって損壊したサムスン電子の「ギャラクシーノート7」=2016年10月9日(AP)
ソウルのショールームに掲出されたギャラクシーノート7の広告=2016年9月2日(AP)

情報源:【サムスン・スマホ発火】再現実験端末20万台とバッテリー3万台で実施「バッテリーの欠陥」結論、本体に異常なし(1/2ページ) – 産経ニュース


韓国サムスン電子は23日、スマートフォン「ギャラクシーノート7」の発火事故の原因について、「バッテリー自体の欠陥だった」とする最終調査結果を発表した。今後はバッテリーの安全性を検査する新たなシステムを導入するなど再発防止に全力を挙げる姿勢を強調した。

サムスン電子によると、ノート7の事故原因を調べるため、製品20万台、バッテリー3万台を使った大規模な充電、放電試験を繰り返し、発火現象を再現した。その結果、ノート7に使われた2種類のバッテリーが、それぞれ別の原因で焼損する現象が確認された。海外の専門機関も、調査した結果、同じようにバッテリーに問題があったとの結論に達したという。

「ノート7」は昨年8月に発売したが、発火事故が相次いだ。9月に回収・無償交換に乗り出したが、交換した製品でも発火が相次いで報告され、10月に生産・販売の打ち切りを決めた。サムスン電子によると、販売済み306万台のうち、96%が回収されたという。ノート7は日本では発売されていない。(ソウル=東岡徹)

情報源:サムスンのスマホ発火事故 「原因はバッテリーの欠陥」:朝日新聞デジタル


1月23日、韓国のサムスン電子、スマートフォン「ギャラクシーノート7」の発火問題について、電池の欠陥が原因で、ソフトウェアやハードウェアの問題ではないとの見解を示した。写真はソウルで昨年11月撮影(2017年 ロイター/ Kim Hong-Ji )

[ソウル 23日 ロイター] – 韓国のサムスン電子(005930.KS)は23日、スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーノート7」の発火問題について、電池の欠陥が原因で、ソフトウェアやハードウェアの問題ではないとの見解を示した。

情報源:ギャラクシーノート7の発火、電池の欠陥が原因=韓国サムスン電子 | ロイター


ギャラクシーノート7

サムスン電子はギャラクシーノート7の発火原因がバッテリーそのものによるもとする最終結論を出した。

サムスン電子は23日、記者会見を開き、製品20万台とバッテリー3万個を使った大規模な実験を実施して原因を分析した結果、バッテリー自体の欠陥による発火であることが確認されたと明らかにした。

この実験に参加した世界安全認証分野の先導企業であるグローバル科学会社「UL」など外部専門機関は、バッテリーのコーナープッシュ現象と薄い分離膜、非正常な融着突起と絶縁テープの未付着など、サムスンSDIおよび中国ATL社のバッテリーからそれぞれ欠陥が見つかったという意見を出した。

サムスンはバッテリーの安全性を大幅強化するために外部専門家の招へいを拡大して各種検査を実施する対策もあわせて発表した。

サムスン電子無線事業部の高東真(コ・ドンジン)社長は「革新的なノート7を作るためにバッテリー仕様に対する目標を提示し、バッテリー設計および製造工程上の問題点を製品発売前に最終的に検証できなかった責任を痛感している」とし「経営全般にわたって品質最優先の経営体制を強化し、製品の安全性に対しても新たな革新を継続していく」と明らかにした。

情報源: ギャラクシーノート7発火原因、「バッテリー自体の欠陥」で最終結論 (中央日報日本語版) – Yahoo!ニュース


ふーん?

バッテリーふぞろい原因か サムスンのスマホ発火 – 共同通信 47NEWS