CoCo壱番屋が賠償求め提訴へ カツ横流し事件

ふむ・・・


廃棄されるはずの冷凍カツが不正に流通した事件で、放置された廃棄食品の処理に追加費用がかかったとして、カレーチェーン「CoCo壱番屋」を運営する壱番屋(愛知県一宮市)が産業廃棄物処理業「ダイコー」(同県稲沢市)側に対し、損害賠償を求め、名古屋地裁に提訴する方針を固めたことが、壱番屋への取材で分かった。同社は「訴訟を通じ、行政を含めた問題点が明らかになれば」としている。

壱番屋によると、請求額は放置された廃棄食品の回収や処分にかかった追加費用数10万円に加え、だまし取られた廃棄委託料や信用毀損に伴う慰謝料などを総合的に判断して決める。事件で起訴された3人の一審判決が出そろう27日以降、ダイコーか同社の大西一幸会長(76)に訴えを起こす方針だという。

名古屋地裁は先月、壱番屋に廃棄を委託された冷凍カツ約6万枚を廃棄処分したように装い、委託料約28万円を詐取した詐欺罪などで、大西会長に懲役3年、執行猶予4年、罰金100万円、法人としてのダイコーに罰金50万円の判決を言い渡し、確定した。同社は事実上の廃業状態にある。

このほか、食品卸売業「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)の岡田正男元実質経営者(79)が、詐欺罪などで有罪が確定。同罪に問われた元食品仲介業木村正敏被告(77)の判決は、27日に言い渡される。

情報源:壱番屋がダイコー側提訴へ 廃カツ不正、損害賠償求め:社会:中日新聞(CHUNICHI Web)


廃棄冷凍カツの不正転売事件を巡り、放置された廃棄食品の処理で追加の費用が生じたなどとして、大手カレーチェーン「壱番屋」(愛知県一宮市)が産業廃棄物処理会社「ダイコー」(同県稲沢市)の大西一幸氏(76)に損害賠償を求める訴訟を起こす方針を固めたことが、壱番屋への取材で分かった。事件の1審判決が出そろう27日以降、名古屋地裁に提訴する。壱番屋は「刑事裁判で明らかにされなかった問題もあり、民事訴訟で全容を明らかにしたい」としている。

大西氏は、ダイコー会長として壱番屋から廃棄処分を請け負った冷凍ビーフカツ約6万3000枚を全て処分したと虚偽報告し、委託料約28万円を詐取したなどとして、名古屋地裁で懲役3年、執行猶予4年、罰金100万円の有罪判決を受け、確定した。

壱番屋によると、虚偽報告分以外にも、ダイコーは未処分の廃棄食品を大量に放置。壱番屋は事件発覚後にこれらの廃棄物計約5・7トンを引き取って処理し、数十万円の追加費用が発生したという。訴訟では、追加費用やだまし取られた委託料を請求するほか、信用を毀損きそんされたことに対する損害賠償請求も検討中で、請求額を精査している。

「問題点を明らかに」 大西氏は被害弁償を申し出たが、壱番屋は「問題は解決していない」などとして拒否していた。壱番屋は「国から食品リサイクルの優良業者に認定されていたダイコーを信用していたが、裏切られた。訴訟を通じ、行政も含めて何が問題だったのかが明らかになれば」としている。

事件では、製麺業「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)の実質的経営者だった岡田正男氏(79)が詐欺罪などで懲役2年6月、執行猶予3年、罰金50万円の有罪判決が確定。食品販売会社「ジャパン総研」(名古屋市千種区)の元契約社員・木村正敏被告(77)は懲役3年2月が求刑されており、27日に判決が言い渡される。

情報源:壱番屋、ダイコー側を提訴へ 廃棄カツ不正 : 中部発 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋(愛知県一宮市)が廃棄委託した冷凍ビーフカツが横流しされた事件で、壱番屋は23日、放置された廃棄食品の処理で追加の費用が生じたなどとして産業廃棄物処理業者「ダイコー」(同県稲沢市)側に損害賠償を求める訴訟を起こす方針を明らかにした。事件に関する一連の一審判決が出そろう27日以降に名古屋地裁に提訴する。

壱番屋によるとダイコーは未処分の廃棄食品を大量に放置し、壱番屋が引き取って処理した際に数十万円の追加費用が発生した。訴訟ではこうした追加費用やだまし取られた委託料を請求する方針だ。信用を毀損されたことに対する損害賠償請求も検討中という。

ダイコー会長の大西一幸氏(76)は2015年8~11月、壱番屋から廃棄委託された冷凍カツ計約6万枚を廃棄処分したと虚偽報告し、処分委託料約28万円を詐取したなどとして、名古屋地裁で懲役3年、執行猶予4年、罰金100万円の有罪判決を受け、確定した。

情報源:壱番屋、ダイコー側を提訴へ 廃棄カツ横流しで  :日本経済新聞


カレーチェーン店「CoCo壱番屋」を展開する壱番屋(愛知県一宮市)が廃棄委託した冷凍カツが横流しされた事件で、放置された廃棄物の処理を肩代わりさせられたなどとして、壱番屋が委託先の産業廃棄物処理業「ダイコー」(同県稲沢市)側に損害賠償を求めて名古屋地裁に提訴する方針を固めたことが23日、壱番屋への取材で分かった。

事件を巡っては、ダイコーの大西一幸氏(76)ら3人が詐欺罪などで起訴され、大西氏を含む2人の有罪判決が確定し、食品販売会社元幹部(77)が公判中。提訴は刑事裁判が全て確定してからになる見通し。

壱番屋は事件発覚後、ダイコーが処分せずに放置していた廃棄物約5・7トンを代わりに処理し、数十万円の費用が掛かったとしている。廃棄物の処理費用のほか、ダイコーに払った委託料や事件で信用が損なわれたことに対する賠償を求めていくことも検討し、損害額の算定を進めている。

大西氏への確定判決によると、平成27年8~11月、廃棄委託された冷凍カツ約6万枚を処分したと虚偽報告し、委託料約28万円を詐取するなどした。

情報源:【廃棄カツ横流し】壱番屋、賠償求め産廃業者「ダイコー」提訴へ – 産経WEST


カレーチェーン「CoCo(ココ)壱番屋」を展開する壱番屋(愛知県一宮市)が廃棄委託した冷凍カツが不正に横流しされた事件にからみ、壱番屋は、廃棄処理で追加費用が生じたなどとして、産業廃棄物処理業者「ダイコー」(同県稲沢市)=罰金50万円の判決が確定=側に損害賠償を求めて提訴する方針を固めた。壱番屋への取材でわかった。

同社によると、問題発覚後、ダイコーの敷地内に放置されていた自社廃棄物約5・7トンを自主回収し、三十数万円の費用がかかった。また、一連の問題で信用を傷つけられたとして賠償を求めていくという。

壱番屋の担当者は「ダイコーは食品リサイクルの優良業者に認定され、信用していたのに裏切られた。行政も含め何が問題だったのか、民事訴訟を通して明らかにしたい」という。

ダイコーの大西一幸会長(76)は約6万枚の廃棄カツを食品関連会社「みのりフーズ」(岐阜県羽島市)に無許可で販売し、処分費用約28万円を壱番屋からだまし取ったとして廃棄物処理法違反や詐欺の罪に問われた。懲役3年執行猶予4年、罰金100万円の名古屋地裁判決が確定している。

情報源:壱番屋、廃棄カツ横流しの業者提訴へ 自主回収費用求め:朝日新聞デジタル


カレーチェーン店「CoCo壱番屋」を展開する壱番屋(愛知県一宮市)が廃棄委託した冷凍カツが横流しされた事件で、壱番屋が委託先の産業廃棄物処理業「ダイコー」(同県稲沢市)側に損害賠償を求めて名古屋地裁に提訴する方針を固めたことが23日、壱番屋への取材で分かった。

事件を巡っては、ダイコーの大西一幸氏(76)ら3人が詐欺罪などで起訴され、大西氏を含む2人の有罪判決が確定し、食品販売会社元幹部(77)が公判中。提訴は刑事裁判が全て確定してからになる見通し。壱番屋は提訴の対象や損害額の検討を進めている。

大西氏への確定判決によると、2015年8~11月、廃棄委託された冷凍カツ約6万枚を処分したと虚偽報告し、委託料約28万円を詐取するなどした。(共同)

情報源: CoCo壱番屋が賠償求め提訴へ カツ横流し事件 – 社会 : 日刊スポーツ


ほぉ・・・