尖閣諸島:「安保適用、米新政権と確認を」岸田外相 – 毎日新聞

ふむ・・・


岸田文雄外相は22日、2月前半で調整している安倍晋三首相とトランプ米大統領との会談を念頭に、沖縄県・尖閣諸島への日米安全保障条約適用について「新政権の対応を確認することは大事だ」と述べ、米側に確認するとの見通しを示した。首脳会談の早期実施について「主要国の中で早い段階で行いたい」と改めて意欲を示した。東京都内で記者団に語った。

岸田氏は首脳会談の意義について、「新政権の具体的な政策に注目が集まる中、首脳間の信頼関係、意思疎通が最も重要だ」と強調した。外相など閣僚レベルでも連携を目指すとした。

トランプ氏が離脱を表明した環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を巡り、岸田氏は「米国が主導して大きな利益を得てきた自由貿易の戦略的意義、具体的な利益についてしっかり説明しなければならない」と指摘。トランプ氏が重視する2国間の協定ではなく、多国間の自由貿易協定の重要性についてまず理解を求める考えを示した。【小田中大】

情報源: 尖閣諸島:「安保適用、米新政権と確認を」岸田外相 – 毎日新聞

尖閣でも、竹島でも、南シナ海でも、世界の警察を自負するのなら介入してみろよ。