岸田外相「早い段階で日米首脳会談を」調整急ぐ | NHKニュース

ふむ・・・


岸田外務大臣は東京都内で記者団に対し、「主要国の中でも早い段階で日米首脳会談をセットしたい」と述べ、安倍総理大臣とアメリカのトランプ大統領の日米首脳会談の早期実現に向けて調整を急ぐ考えを示しました。

この中で岸田外務大臣は、アメリカのトランプ新政権がTPP=環太平洋パートナーシップ協定から離脱すると明らかにしたことについて、「自由貿易は世界経済の成長の源泉であり、各国の成長につながっていくものだ。アメリカ自身が戦後、自由で公正な貿易、経済体制をリードし、大きな利益を得てきた」と述べたうえで、TPP協定の重要性を新政権に説明し、理解を求めていく考えを示しました。

そして、岸田大臣は「新政権との意思疎通や信頼関係が重要だ。意思疎通の場を早くセットすることが大事で、ぜひ、主要国の中でも早い段階で日米首脳会談をセットしたい」と述べ、安倍総理大臣とアメリカのトランプ大統領の日米首脳会談の早期実現に向けて調整を急ぐ考えを示しました。

また、記者団が「首脳会談で、尖閣諸島は日米安全保障条約の適用範囲内だということを確認するのか」と質問したのに対し、岸田大臣は「関係閣僚がアメリカ議会の公聴会で日米同盟や日米安全保障条約にコミットする発言をしている。アメリカのこうしたコミットメントをしっかり確認することは大切だ」と述べました。

情報源: 岸田外相「早い段階で日米首脳会談を」調整急ぐ | NHKニュース

いつになるかな。