少女にみだらな行為 元児童養護施設長に実刑判決 京都地裁 – 産経WEST

馬鹿だね・・・


児童養護施設に入所していた少女にみだらな行為をしたとして児童福祉法違反罪に問われた元施設長、松浦弘和被告(56)の判決公判が20日、京都地裁で開かれた。御山真理子裁判官は「児童を保護し、健全な育成に努めるべき重責があるのに、自己の性欲を満たすために犯行に及んだ」として懲役2年6月(求刑懲役4年)を言い渡した。

判決によると、松浦被告は平成26年8月、滋賀県長浜市のキャンプ場にある宿泊施設で、当時施設長を務めていた養護施設に入所していた当時17歳の少女にみだらな行為をした。

情報源: 少女にみだらな行為 元児童養護施設長に実刑判決 京都地裁 – 産経WEST

何しているんだか・・・