TPP承認を閣議決定 大統領就任前狙いトランプ氏をけん制:イザ!

ふむ・・・


政府は20日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の承認を閣議決定した。同日中に協定の取りまとめ役のニュージーランドに承認を通知し、国内手続きを完了する方針。トランプ次期米大統領のTPP脱退表明で協定の発効は極めて厳しい情勢だが、トランプ氏の就任前に日本として正式に承認を打ち出すことで、保護主義的な動きをけん制したい考えだ。

閣議決定に先立ち、政府はTPPに関する関係閣僚会議を開いた。

トランプ氏はTPPで米国内の産業が不利益を被るとして、20日の就任日にTPP脱退を通告し、代わりに日米自由貿易協定(FTA)などの2国間交渉を求める考えを示している。コメや牛肉などの農業分野を中心に対日要求が拡大する可能性もある。

情報源: TPP承認を閣議決定 大統領就任前狙いトランプ氏をけん制:イザ!

どこまで意味があるかな・・・