アパ代表を独占直撃! 中国の著書批判「日本には言論の自由ある」 慰安婦大誤報「朝日への広告出稿ない」 (1/2ページ) – 政治・社会 – ZAKZAK

うむ。


中国からの批判にも毅然とした対応をみせる元谷代表

アパグループの元谷外志雄代表が、夕刊フジの独占インタビューに応じた。中国外務省は、アパホテルの客室に「南京大虐殺」や「慰安婦の強制連行」を否定する書籍が置かれていることを批判したが、元谷氏は「日本には言論の自由がある」「書籍は撤去しない」と冷静かつ毅然と対応した。かつて、朝日新聞による慰安婦問題の大誤報を受けて、「報道機関として信用できない」「謝罪するまで広告出稿しない」と表明した愛国者。ドナルド・トランプ次期米大統領の登場についても「日本が自立するチャンスだ」などと語った。

日本の民間企業に、中国政府は異例ともいえる反応を示した。

アパホテルの客室には、元谷氏がペンネームで執筆した著書が置かれている。米国の占領政策を問題視した部分が多いが、「南京大虐殺」や「慰安婦強制連行」を否定する記述もあった。中国外務省の報道官は「日本国内の一部勢力は歴史を正視しようとしない」と噛みつき、中国の旅行社が同ホテルの取り扱いを中止したのだ。

元谷氏は「特定の国や国民を批判する目的はない」といい、続けた。

「中国は『日本軍が南京で30万人を虐殺した』と主張しているが、当時の南京市の人口は20万人。30万人が虐殺されたのに、1カ月後には人口が25万人に増えている。あり得ないことだ。英国人ジャーナリスト、ヘンリー・S・ストークス氏も『事実ではない』『中国国民党政府のプロパガンダだ』と著書などに記している。中国と違い、日本には言論の自由がある。正しいと確信する歴史を伝えただけだ。著書は置き続ける」

アパホテルの客室に置かれた

言論への圧力には断固として屈しないようだ。

米大統領に20日就任するトランプ氏について、元谷氏は昨年3月ごろから「大統領選で勝つ可能性が高い」と発信していた。米国内にもホテルを持ち、米国人の友人も多い元谷氏はいう。

「北米大陸の東西の沿岸部には、大金持ちと民主党支持者が集中しているが、それ以外の地域ではオバマ政権に否定的だった。トランプ氏は過激な発言が目立ったが、私は選挙戦で勝ち抜く戦略だと感じた。過激な発言の裏に真理があった。『日本の核武装』に触れた発言も、真意は『自分の国は自分で守れ』『日本よ自立せよ』というものだろう。米メディアの歪曲(わいきょく)報道もひどかった。トランプ大統領の誕生は、日本にとってチャンス。民族の誇りを取り戻し、憲法改正に踏み出すべきだ」

安倍晋三首相は昨年末、ロシアのプーチン大統領と日露首脳会談を行い、平和条約の締結に向けて、協議を進めることで一致した。今後、北方領土問題が前進する可能性が出てきた。

元谷氏は「期待するが、北方領土の返還は簡単ではない。ロシアは返還後、そこに自衛隊基地や米軍基地ができては困るはずだ。共同経済活動をしながら、時機を見極めるべきだ。ただ、日露が近づくことは、アジアの平和や安定にプラスだろう。軍事的覇権を強める中国を、日本と米国、ロシア、オーストラリア、インドなどで牽制できる。トランプ氏が対露外交を転換しようとしていることも大きい。安倍首相がいち早く、トランプ氏と会談したことが効いている」と語った。

■元谷外志雄(もとや・としお) 石川県小松市生まれ。信用金庫勤務後、27歳で注文住宅会社を創業し、その後、ホテルやマンション、都市開発事業などを手がけるアパグループを一代で築き上げる。同グループ代表。国内外の多くの要人と交友関係があり、政治や経済、軍事に関する知識も豊富で、社会時評エッセーも執筆する。朝日新聞が2014年8月、慰安婦報道の大誤報を30年以上もたって認めながら、当初謝罪がなかったことに、「読者を欺き、日本と日本人を貶めた」「これだけ国家にダメージを与えて、何の謝罪もせず、誰も罰を受けず、そのまま新聞を発行するなど非常識」「(謝罪がない)現状のままでは、朝日への広告出稿はない」と表明し、拍手喝采を受けた。

誇れる祖国 日本復活への提言Ⅳ 本当の日本の歴史『理論近現代史学Ⅱ』 | 【公式】アパグループ

情報源: アパ代表を独占直撃! 中国の著書批判「日本には言論の自由ある」 慰安婦大誤報「朝日への広告出稿ない」 (1/2ページ) – 政治・社会 – ZAKZAK

ふむ。