電通社員過労自殺 遺族へ謝罪や再発防止策などで合意 | NHKニュース

ふーん・・・


大手広告会社、電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24)が過労のため自殺した問題で、まつりさんの母親と遺族の代理人の弁護士が記者会見し、電通が遺族に謝罪し、再発防止の措置をとるとともに、慰謝料などを支払うことで、20日、合意したことを明らかにしました。

電通は、新入社員だった高橋まつりさんが過労のため自殺した問題を受け、高橋さんを含む社員に違法な長時間労働をさせたとして、先月、労働基準法違反の疑いで書類送検されています。

20日、高橋さんの母親の幸美さんと遺族の代理人の弁護士が記者会見し、電通側と話し合いを重ねた結果、合意書に調印したことを明らかにしました。

合意書には、石井直社長が遺族に直接謝罪したことや、遺族に対して慰謝料などを支払うことが盛り込まれています。
また、残業時間の上限を削減し、社員の心得「鬼十則」の社員手帳への掲載を見送るといった再発防止の措置のほか、今後3か月以内に役員と管理職を対象に、遺族も出席した研修会を実施することなどで合意したということです。

幸美さんは「合意には至りましたが、会社側がどんなに謝罪を述べたとしても、再発防止を約束したとしても、娘は二度と生きて帰ってくることはありません。娘や、これまで過労で亡くなった多くの人たちの死をむだにしないためにも、影響力のある電通が改革を実現してほしい」と話しました。

電通は「本日、高橋まつりさんのご遺族との和解にいたりました。あらためてご冥福を深くお祈り申し上げるとともに、ご遺族の皆さまには心よりお詫び申し上げます。二度と同じような出来事が起こらないようにするため、すべての社員が心身ともに健康に働くことのできる労働環境を実現するべく、全力で改革を進めてまいります」とコメントしています。

情報源: 電通社員過労自殺 遺族へ謝罪や再発防止策などで合意 | NHKニュース

へぇ。