少女像問題「首相ら、怒り募らせている」 外務省関係者:朝日新聞デジタル

断交すればいいんじゃないかな。


韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する「少女像」が設置された問題で、安倍晋三首相は19日、首相官邸で岸田文雄外相と対応を協議した。対抗措置として一時帰国中の長嶺安政・駐韓大使らの帰任は当面見送ると確認。日本側が求めている像の撤去について韓国政府の動きが鈍いまま、事態は長期化の様相を強めている。

日本政府関係者によると、首相と岸田氏は「韓国側の姿勢に変化はなく、日本側がいま動く必然性はない」との意見で一致した。菅義偉官房長官は19日の記者会見で「(大使の帰任時期は)諸般の状況などを見ながら判断していきたい」と述べた。

日本政府は、韓国政府が釜山の少女像撤去に取り組まないのは、2015年末の慰安婦問題に関する日韓合意の精神に反するとの立場。外交関係に関するウィーン条約で守られている領事機関の威厳も侵害されているとしている。

事態に変化が見られず、日本側は「首相を含め、怒りを募らせている」(外務省関係者)。さらに韓国の地方議員が竹島(韓国名・独島〈トクト〉)への少女像設置に向けた募金運動を始め、状況は厳しさを増している。

9日に一時帰国した大使らの帰任時期は、12年8月に李明博(イミョンバク)大統領(当時)の竹島上陸への対抗措置として当時の駐韓大使が一時帰国した13日間を超える可能性も出てきた。外務省によると、次席公使が大使の臨時代理を務めており、邦人保護を含む実務的な業務に影響はないとしている。だが事態打開の見通しは立たず、政府関係者は「いいアイデアがあったら教えてほしい」と漏らす。(武田肇)

■韓国外交省、竹島の少女像には反対

韓国外交省報道官は19日の記者会見で、日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島〈トクト〉)に慰安婦を象徴する少女像の設置を目指す動きがあることについて、「少女像を性格が全く異なる(事案の)独島に結びつけるのは望ましくない」と述べ、反対する姿勢を示した。

報道官は「少女像が普遍的な人権問題として慰安婦被害と関連したものなら、独島は領土主権と関連した事案」だとし、違いを強調。少女像をめぐって日韓関係がさらに悪化するのを避けようとするねらいもあるとみられる。

ただ、釜山の日本総領事館前の歩道に設置された少女像について、日本政府は撤去を求めるが、韓国政府の具体的な動きはない。韓国外交省報道官はこれまでの記者会見で「政府や該当の自治体、市民団体など関連当事者が、適切な場所についての知恵を絞ることを期待する」との見解を示している。しかし、こうした協議が設けられる見通しは立っていない。

少女像が設置された日本総領事館前の歩道を管理する釜山市東区の朴三碩(パクサムソク)区庁長は19日、像を視察した。記者団に対し、日本政府が撤去を求めていることについて「東区ではできない。力がない」と述べた。政府側からの連絡も「全くない」とした。

一方で、朴区庁長は少女像を保護するため、監視カメラを設置する方針を表明した。東区は当初、市民団体が設置を強行した後に撤去したものの、抗議が殺到。設置の「容認」に転じ、今は「保存」に傾いている。

18日夜には少女像を設置した市民団体の「解散式」が釜山市内で開かれた。約90人が参加し、「新しいスタートだ」といった発言があった。今後は新しい団体をつくって、少女像を守る活動に取り組む方針だ。(ソウル=東岡徹)

情報源: 少女像問題「首相ら、怒り募らせている」 外務省関係者:朝日新聞デジタル

大使館閉鎖、日本入国時のビザ復活でいいよ。
将来的には、北朝鮮みたいな断交で。