【日本の解き方】オバマ政権8年で格段に良くなった日米関係 残された課題は中国封じ込め (1/2ページ) – 政治・社会 – ZAKZAK

ふむ・・・


まもなくバラク・オバマ米大統領が退任するが、この8年間で、米国内外の経済や安全保障、日米関係はどのように変化したのだろうか。

オバマ氏が大統領に就任した2009年1月は、リーマン・ショック後で最悪の経済状況だった。同月の失業率は7・8%、その後上昇し、同年10月には10・0%とピークになった。

その後は、11年10月に8・8%、12年9月に7・8%、13年11月に6・9%、14年9月に5・9%、16年1月に4・9%と、ほぼ1年ごとに1%ずつ低下してきた。米国で、これ以上下げられないという構造失業率は5%弱なので、現状の4・7%は、完全雇用に近い。

国内総生産(GDP)成長率をみても、09年は2・8%減だったが、その後は平均約2%と安定成長だった。米連邦準備制度理事会(FRB)の金融政策が功を奏したこともあり、経済政策は及第点である。

安全保障をみると、以前からの流れではあるが、オバマ大統領は、「米国は世界の警察官ではない」と対外的に公言した。この発言は、中国やロシアの世界へのプレゼンス(存在感)を顕在化させることになった。

特に、中国の南シナ海への海洋進出、ロシアのシリアでの台頭を招いたという側面は否定できない。これは、オバマ大統領の理想主義が、現実問題を悪化させたとも、後世で評価されるかもしれない。

もっとも、その理想主義で、在任中の09年にノーベル平和賞を受賞している。このあたりについても、歴史の評価が分かれるところではないか。

日米関係は格段に良くなった。まず、オバマ大統領は米国の現職大統領として初めて広島を訪問し、慰霊碑に献花した。沖縄県の尖閣諸島が日米安保条約の対象であることも明言した。そして沖縄の本土復帰以降、最大規模となる米軍北部訓練場の返還も行われた。

日本側も、ハワイ・真珠湾に安倍晋三首相が訪問し、日米の歴史問題を終結させた。これは、謝罪なしで、ともに追悼するという、欧米型のいわゆる「ドレスデン和解」を初めてアジアの国が実現させたものだ。

また、オバマ大統領の理想主義は、日本が対ロシア外交で自由度を得る結果となった。日本は第二次大戦後、北方領土について強硬な立場をとり続けてきたが、これには1950年代に国務長官を務めたジョン・フォスター・ダレス氏の「恫喝(どうかつ)」ともいわれる米国の強硬な対日圧力が背景にあったことが知られている。

しかし、オバマ大統領は、次期大統領選の後ではあったが、日本が独自に領土交渉をロシアと行うことを黙認した。こうして、日本の「戦後」は、確実に一歩一歩終わってきている。

残った課題としては、世界秩序の維持がある。米国の退潮と中国・ロシアの台頭という多極構造の中で世界平和をどうするか。民主化の点で見劣りする中国にどう対応するかが問題だといえる。政治・経済が安定している日本が主導して、G7(先進7カ国)にロシアを加えたG8による中国封じ込めができるかどうかであろう。 (元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)

情報源: 【日本の解き方】オバマ政権8年で格段に良くなった日米関係 残された課題は中国封じ込め (1/2ページ) – 政治・社会 – ZAKZAK

海洋進出をどうにかしないと。