ATM不正引き出し 「絶対に捕まらない」などと勧誘の男を逮捕

絶対という奴に限って、正しいことは無い。


2015年に、1都6県のコンビニエンスストアのATMから海外の銀行の偽造カードを使い、1億円が引き出された事件で、引き出し役を勧誘していた男が逮捕された。

派遣社員・水戸邦博容疑者(43)は2015年12月、「カードを使って現金を引き出してほしい。絶対に捕まらない」などと、知人の浜本康規被告(32)らを勧誘し、東京・品川区のコンビニのATMから現金60万円を不正に引き出させた疑いが持たれている。

被害総額は、およそ1億円にのぼるが、水戸容疑者は容疑を否認している。

犯行には、中米・エルサルバドルの銀行の偽造カードが使われていて、2016年5月にATMから18億円余りが引き出された事件と手口が似ているため、警視庁は関連を調べている。

情報源: ATM不正引き出し 「絶対に捕まらない」などと勧誘の男を逮捕

ふむ。