糸魚川大火、激甚災害指定を=がれき処理の自己負担ゼロに-二階自民幹事長:時事ドットコム

ふむ・・・


自民党の二階俊博幹事長は31日、新潟県糸魚川市の大規模火災の現場を視察した。二階氏は視察後、記者団に対し、「予想をはるかに超えた大災害だ」として、激甚災害への指定を政府に求める意向を明らかにした。また、二階氏は米山隆一知事や米田徹市長と同市役所で面会し、がれき処理の被災者の自己負担をゼロにする方針を伝達した。

激甚災害は通常、自然災害に適用されるが、二階氏は今回の大火の被害が強風で広域に及んだ点を重視。指定されれば、被災した中小企業向けの貸し付け特例措置などが行われる見込みだ。これに関し、二階氏は「現行法制で復旧に有利に働くように、地元に寄り添って結論を出していきたい。おそらくそういう(指定の)方向へいくだろう」と述べた。(2016/12/31-15:44)

情報源: 糸魚川大火、激甚災害指定を=がれき処理の自己負担ゼロに-二階自民幹事長:時事ドットコム