国会正門前:パトカーに車突っ込む 母宛ての遺書?持参

ふむ・・・


31日午後7時40分ごろ、東京都千代田区永田町の国会議事堂前で、警戒のため停車中のパトカーに乗用車が突っ込んだ。乗用車を運転していた男がけがを負って、病院に搬送されたが命に別条はないという。パトカーは当時無人で警察官にもけがはない。

現場は国会議事堂の正門前。警視庁麹町署が男の回復を待って事情を聴く。男が運転していた乗用車には、内容に意味不明の部分がある手紙があったという。

国会前で警視庁は日常的にパトカーを配置して警戒に当たっている。

情報源:国会議事堂前で無人パトカーに車突っ込む 運転の男けが 車内に意味不明な手紙が… – 産経ニュース


31日夜、東京・千代田区の国会議事堂前で正門を警備していたパトカーに乗用車が突っ込みました。警視庁が運転していた男に事情を聴いて詳しいいきさつを調べています。

31日午後7時半ごろ、千代田区永田町の国会議事堂前で、乗用車が正門に向かって走ってきて、警備していたパトカーに突っ込んで止まりました。

運転していた男は頭にけがをし、病院で手当てを受けているということです。警察官にけがはありませんでした。

調べに対し、男は「わざとぶつかった」と話しているということで、警視庁が詳しいいきさつを調べています。

近くにいた女性は、「車の衝突する音を聞いて振り返ると車とパトカーがぶつかっていて、そばに若い男が立っていた」と話していました。

情報源:国会前で警備のパトカーに車が突っ込む | NHKニュース


31日午後7時40分ごろ、東京都千代田区永田町1の国会正門前で、警備のため停車中のパトカーに車1台が突っ込んだ。警視庁麹町署によると、車を運転していた30代男性が頭を打って病院に搬送されたが、命に別条はないとみられる。パトカーは無人だった。

母宛ての遺書のような手紙を持っており、同署が詳しい動機を調べている。【春増翔太】

情報源: 国会正門前:パトカーに車突っ込む 母宛ての遺書?持参 – 毎日新聞


怖いなぁ。