約1億3,600万円詐取容疑 AppBank元役員、初公判で起訴内容認める

4,000万円も遊興費に充てた・・・?


東証マザーズ上場のIT関連会社「AppBank」から、およそ1億3,600万円をだまし取った罪に問われた元役員の男が、初公判で起訴内容を認めた。

「AppBank」元経理担当役員・木村朋弥被告(44)は、架空の広告費名目で、会社から、あわせておよそ1億3,600万円をだまし取った罪に問われている。

1日の初公判で、木村被告は、「間違いありません」と述べ、起訴内容を認めた。

一方、検察側は、冒頭陳述で、「だまし取った金のうち、およそ4,000万円をキャバクラなどの遊興費に充てた」と指摘した。

情報源: 約1億3,600万円詐取容疑 AppBank元役員、初公判で起訴内容認める

どういう使い方をしたら、そんなことが可能なんだよ。