音楽チケット公式再販、定価で譲渡 ヤフーとエイベックス :日本経済新聞

公式が仲介もすればいいんだよ。


ヤフーとエイベックス・ライヴ・クリエイティヴは近く、音楽ライブのチケットを主催者の公認で譲渡できるサービスを始める。チケット販売サイト「ヤフー!チケット」に再販の新機能を追加する。譲渡価格は定価で、売り手は手数料なしで取引できる。チケットの不正転売が問題になる中、公式の仕組みを整備してチケット流通を円滑にする。

公式再販のシステムはヤフーとエイベックスが共同出資するチケット販売会社、パスレボが運営する。消費者は行けなくなったチケットを譲り、チケット価格の全額を取り戻せる。

エイベックスが主催する「AAA(トリプルエー)」の正月のライブが第1弾となる。開幕直前の12月31日正午まで取引を可能にする。利用にはヤフーの会員登録と別に、AAAのファンクラブに加入している必要がある。

最近は、不正転売を防ぎたいライブの主催者が転売サイトで購入したチケットでの入場を禁止するケースも増えている。パスレボはネット上の転売を厳しく取り締まったり、転売サイトで購入したチケットを判別してライブ会場への入場を防いだりする仕組みも提供する。パスレボでは一定の範囲でチケットの譲渡価格を変更できる機能などの導入も検討していく。

情報源: 音楽チケット公式再販、定価で譲渡 ヤフーとエイベックス  :日本経済新聞

いっそ、スマホでログインして、読み取り機にかざすようにするとかな。