コロンビアの旅客機墜落 ブラックボックス発見 解析へ | NHKニュース

事故当時の状況がわかるか?


南米コロンビアで、ブラジル1部リーグのプロサッカーチームの選手ら81人を乗せた旅客機が墜落した事故で、現地の航空当局は29日、飛行データなどを記録したブラックボックスを発見したことを明らかにし、事故原因の解明を急ぐことにしています。

この事故は、現地時間の28日夜、ボリビアからコロンビアに向かっていたブラジル1部リーグのプロサッカーチーム「シャペコエンセ」の選手や報道関係者、それに乗員の合わせて81人を乗せた旅客機がコロンビア中部の都市、メデジンの付近の山岳地帯に墜落したものです。

航空当局はこれまで、生存者として6人の名前を公表するとともに、72人の遺体を収容したとしています。今回の事故について、航空当局は電気系統に何らかの不具合があったとの見方を示す一方、事故原因の解明につなげるため現場付近の捜索を再開し、29日午後、飛行データなどを記録したブラックボックスを発見したことを明らかにしました。

航空当局は、異常を知らせる連絡があったコロンビア国内に入ってからの通信記録などを中心に解析し、事故原因の解明を急ぐことにしています。現地メディアなどによりますと、「シャペコエンセ」の選手らは南米のプロサッカーチームの国際大会に参加するため、移動中だったということです。

ブラジル大統領「最大限家族を支援」

旅客機の墜落について、ブラジルのテメル大統領は29日、声明を発表しました。この中でテメル大統領は、「今回の悲劇は多くのブラジル人の家族を襲った。家族との連帯の意をここに示す」と述べました。そのうえで、「できうるすべての方法で最大限、家族を支援する」と述べ、家族などへの支援に全力を挙げると約束するとともに、29日から3日間、喪に服する期間と定めたことを明らかにしました。

各国のサッカーチームに追悼の動き

墜落事故を受けて、世界各国のサッカーチームが練習前に黙とうをささげるなど、追悼の動きが広がっています。スペインの強豪チーム、「バルセロナ」や「レアル・マドリード」、それにアルゼンチンの「ボカ・ジュニアーズ」は、事故で犠牲になった選手たちを追悼するため、29日、練習前に円陣を組んで黙とうをささげる写真や動画をツイッターに投稿しました。

また、ポルトガルのチーム、「ベンフィカ」も、ピッチ上に一列に整列した選手たちから1人の選手が前に出て、ポルトガル語で「私たちはシャペコエンセとともにある」と述べ、胸に手を当てて連帯の意思を表す動画をツイッターに投稿するなど、選手たちを追悼する動きが世界に広がっています。

情報源: コロンビアの旅客機墜落 ブラックボックス発見 解析へ | NHKニュース

炎上しなかったから、生存者が居たとも聞くが・・・


「コロンビアの旅客機墜落 ブラックボックス発見 解析へ | NHKニュース」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。