五輪の競技会場見直しできょう4者協議 | NHKニュース

ロゴの選定でもだが、全工程を公開すればいいんだよ。


東京オリンピック・パラリンピックの経費削減を目指す東京都、組織委員会、政府、IOC=国際オリンピック委員会の4者協議は、29日、トップ級の会議を開きます。3つの競技会場の見直しをめぐる議論ではバレーボールが焦点になりそうです。

トップ級の会議は午後から都内で開かれ、東京都の小池知事、組織委員会の森会長、政府から丸川オリンピック・パラリンピック担当大臣、IOCのコーツ副会長が出席します。

注目の競技会場の見直しをめぐる議論は、27日の作業部会で「有明アリーナ」をコストを削減して新設する案と既存の「横浜アリーナ」を活用する案が示されているバレーボールについて最も多くの時間がさかれ、トップ級の会議でも焦点となりそうです。

関係者によりますと、組織委員会や競技団体が大会後もスポーツや文化などあらゆる形で活用できる「有明アリーナ」が必要だとしているのに対して都からは、大きな経費削減につながると「横浜アリーナ」も推す声が出ています。

また、バレーボールと同じく場所の変更を含む複数の案が示されているボート・カヌーについては、組織委員会や競技団体が選手村から遠いなどとして宮城県の「長沼ボート場」に変更することに反対しているうえ、IOCも慎重な姿勢を示し、東京・臨海部に整備される「海の森水上競技場」が有力視されています。

こうした中、「復興五輪」を掲げる小池知事がどのような考えを示すのか注目されます。

このほか水泳については、江東区に新設する「アクアティクスセンター」の観客席の数を計画の2万席から1万5000席に減らして、コストを削減する案に反対する意見はなく、最終的な結論となる見通しです。

情報源: 五輪の競技会場見直しできょう4者協議 | NHKニュース

あと、放送時に見る必要があるってのもダメだな。
放送後もいつでも自由に視聴できるようにならないと。