パナソニック、コントラスト100万:1以上の新IPS液晶パネル。プロ用HDRモニタなどに – AV Watch

凄い事は凄いけど・・・


パナソニック液晶ディスプレイは、従来型液晶の600倍となる、コントラスト100万対1以上を実現する新IPS液晶パネルを開発した。2017年1月にサンプル出荷を開始。放送局や映像制作スタジオで使用されるプロ向けのHDR対応モニタや、医療用モニタ、車載用モニタでの利用を想定している。

上の図が従来のパネルとの比較。下がサイズ展開のイメージ
上の図が従来のパネルとの比較。下がサイズ展開のイメージ

広視野角、高輝度、高信頼性が特長という、パナソニック独自のIPS液晶技術をベースにしながら、画素ごとにバックライト光量を制御できる新開発の調光セルを、表示セルに内蔵することで、コントラスト100万対1以上の高コントラストの実現に成功。同社現行品のコントラストは1,800対1であり、比べると600倍のコントラスト比となる。最大輝度1,000cd/m2、最小輝度は0.001cd/m2。

調光セルには、表示セルで使用される液晶材料とは光透過特性が異なる液晶材料を使用し、表示セルと調光セルをそれぞれ独立制御できる構造になっている。これにより、光漏れを大幅に抑制。きめ細かな階調表現が可能という。

左が従来のパネル、右が新IPS液晶パネル。調光セルを備え、表示セルと調光セルをそれぞれ独立制御できる
左が従来のパネル、右が新IPS液晶パネル。調光セルを備え、表示セルと調光セルをそれぞれ独立制御できる

産業用途で培ってきたIPS液晶技術の応用により、広視野角かつ高い光利用効率の特長は維持。調光セルには高輝度バックライトの強い光を受けても長期に渡り安定動作が可能な耐光性の高い材料を新たに開発し、独自のセル構造も採用している。

液晶パネルに従来から使用されている装置を使って製造可能。パナソニック液晶ディスプレイは、業界最大クラスという第8.5世代の製造ラインを保有しており、10~100型までの展開が可能。

放送局や映像制作スタジオで使用されるプロ向けのHDR対応ディスプレイや、忠実な映像表示が求められる医療モニタ用途、黒浮きがなく明瞭な視認性が求められる車載用モニタなどに適しているほか、多様な用途に適した画面サイズのパネルを提供できるという。

関連リンク

情報源: パナソニック、コントラスト100万:1以上の新IPS液晶パネル。プロ用HDRモニタなどに – AV Watch

有機ELは、あの薄さが優位性じゃなかったっけ?