カストロ前議長死去 トランプ氏「独裁者だ」に市民は怒りの声

まぁ、支持者もいるしな。


キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長の死去を受けて、アメリカのトランプ次期大統領が「独裁者だ」などと批判したことに、市民からは怒りの声が上がっている。

カストロ前議長の死去で、キューバ国内は9日間の服喪期間に入り、街のあちらこちらでは半旗が掲げられていた。

カストロ前議長について、アメリカのオバマ大統領が、その功績を評価する声明を出した一方、トランプ次期大統領は「自国民を抑圧した残忍な独裁者だ」と批判していて、首都のハバナの市民からは、怒りの声が聞かれた。

市民は「(彼が独裁者だなんて)うそだ。この国は、屈服したこともないし、これからも屈服しない。トランプ氏は、心に、怒りとねたみを抱えているだけだ」と話した。

現地では、29日に大規模な追悼集会が予定されていて、葬儀は12月4日に営まれる。

情報源: カストロ前議長死去 トランプ氏「独裁者だ」に市民は怒りの声

もうすこし、取り繕う事もしようや・・・