レンズなしカメラ、薄い・軽い・安い…日立開発 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

まぁ、用途はどうするのかだな。


日立製作所は、レンズの代わりにプラスチック製のフィルムを採用したカメラを開発した。

これまでのカメラよりも薄く、軽量で、低コストで生産できるという。現時点で画質はレンズに劣るが、多くの画像を撮影する工場内や街中のカメラへの活用を目指している。

レンズの役割をするフィルムの厚さは0・1ミリ・メートルで、スマホのカメラで使われているレンズの数分の1程度だ。特殊な模様がついており、写した対象を画像として表現できる。

日立は画像の精度を高めた上で、2年後をメドに実用化したい考えだ。様々なモノに通信機能を持たせる「IoT」では多数のセンサーとカメラが必要とされ、今後活用の幅が広がるとみている。

動画のピントも後から合わせられる「レンズレスカメラ技術」、日立が開発 – ITmedia ニュース

厚さ0.5ミリのデジカメ実現へ レンズ使わない技術を開発 | NHKニュース

情報源: レンズなしカメラ、薄い・軽い・安い…日立開発 : 経済 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

解像度が問題だな。