カストロ氏死去:「自宅の中は質素」日本庭園造った業者 – 毎日新聞

へぇ・・・


カストロ前議長は自宅に日本庭園を持つなど親日家としても知られた。昨年の造園工事をした「小杉造園」(東京都世田谷区)の代表取締役、小杉左岐さん(70)は26日、「すばらしい指導者だった。ショックだ」と声を落とした。

小杉さんはカストロ前議長の息子アントニオ氏や在日キューバ大使館関係者と交流があり、ハバナ市内の自宅を数回、訪れたことがあった。2014年ごろ、日本文化の良さを伝えたいと、玄関前に日本庭園を造らせてほしいと提案したところ、了承をもらった。

昨年3月、社員や現地の作業員と計約10人で5日間かけ、直径約14メートルの半円形の芝生上に、飛び石や灯籠(とうろう)などを配置した。

完成報告のためカストロ前議長に面会すると、とても喜んだ様子で、感謝の言葉を掛けられ、リビングにあった木製の置物をプレゼントされた。つえを使って歩いていたが、力強く握手し、元気そうだったという。

「自宅の中はとても質素で、自分のことより国民の幸福を願っていた」と振り返った小杉さん。来年3月にキューバを再訪する予定といい、「できればまたお会いしたかったのに」と残念そうな表情で語った。(共同)

情報源: カストロ氏死去:「自宅の中は質素」日本庭園造った業者 – 毎日新聞

日本庭園なんて造っていたのか。