原発避難いじめ 学校は「率先して金渡した」と判断 | NHKニュース

教育者どころか、いい大人が言うセリフじゃねーな。


東京電力福島第一原子力発電所の事故で、横浜市に自主避難してきた生徒がいじめを受けていた問題で、両親が学校に「子どもが同級生に150万円ほど払わされた」と訴えたのに、学校の調査では8万円分しか確認できず、生徒が率先して渡していたとして、いじめにはあたらないと判断されていたことがわかりました。教育委員会は当時の対応を検証しています。

この問題は、原発事故で横浜市に自主避難してきた、現在中学1年の男子生徒が、転校してきた小学校でいじめを受けていたもので、横浜市教育委員会は当時の対応を検証しています。

この問題で、生徒が小学5年生だったおととし6月、両親が学校に「子どもが同級生に遊ぶ金として合わせて150万円ほど払わされている」と訴えたのに、学校の調査ではおよそ8万円分しか確認できていなかったことが生徒の両親などへの取材でわかりました。

さらに、金を受け取ったとされる10人ほどの児童は「おごってもらった」などと話したことから、生徒が率先して渡していたとして、いじめにはあたらないと判断されていたということです。生徒の父親は「子どもはいじめをやめてほしくて金を払っていた。学校は動いてくれないのかと無力感しかなかった」と話しています。

横浜市教育委員会は、当時の学校の調査が十分でなかった可能性もあるとして、担当者から聞き取りを進めることにしています。

情報源: 原発避難いじめ 学校は「率先して金渡した」と判断 | NHKニュース

「いじめ」という言葉は如何にも軽い。
「脅迫」「恐喝」という、一般的な犯罪の罪状で語れよ。

あとな、学校が信用できない、頼れる仲間がいないから止む無く払っていた事であって、率先して払っていたなんてことは起こりえないんだよ。

大人と子供を同じに考えるなよ、小学生が率先して金を渡すって、常識的に考えてあり得ると思っているのかね?(某芸能人は駄菓子屋で買い占めとか、鬼ごっこでタクシーとかやったらしいが。。。)

で、ある時期から対応が塩対応になったことに対する説明は?