スケートリンクに魚5千匹を氷漬け 「残酷」批判相次ぐ:朝日新聞デジタル

これはなぁ・・・


スケートリンクに氷漬けの魚が5千匹――。北九州市のテーマパーク「スペースワールド」が「前代未聞」とうたい、初めて試みた企画にインターネット上で「残酷」などと批判が集まっている。スペースワールドは「誤解を招いた」とし、これらの魚について、「シーズン終了後に供養したい」と説明している。

リンク内に埋められた魚の群れ。死んだ状態で水揚げされた魚を仕入れたという=26日午後8時22分、北九州市八幡東区、伊藤宏樹撮影
リンク内に埋められた魚の群れ。死んだ状態で水揚げされた魚を仕入れたという=26日午後8時22分、北九州市八幡東区、伊藤宏樹撮影

「フリージングポート」と名付けられたスケートリンクは冬季限定で営業し、今季は今月12日から始まった。魚を氷漬けにしたのは「氷の水族館」という企画で、公式サイトでは「前代未聞のアトラクション」と説明している。スペースワールドによると、「海の上を滑る感覚を味わってもらいたい」と考えたという。

リンク内で渦を巻くサンマの群れ。死んだ状態で水揚げされた魚を仕入れた、とスペースワールドは説明している=26日午後8時11分、北九州市八幡東区、伊藤宏樹撮影
リンク内で渦を巻くサンマの群れ。死んだ状態で水揚げされた魚を仕入れた、とスペースワールドは説明している=26日午後8時11分、北九州市八幡東区、伊藤宏樹撮影

リンクの氷には、市場で仕入れたサンマやキビナゴなど約5千匹の魚介類を埋めた。エイやジンベイザメなどの大型魚の写真も埋め込んだ。サイトでは「5000匹の氷漬けにされた魚たちの上をスイスイと滑走」「前代未聞のアトラクションで日本初、いや世界初間違いなし!!」と宣伝。公式フェイスブックでも「世にも奇妙なスケートリンク アホですな~SW(笑)」などと写真付きで紹介した。

リンク内に埋められた小エビの群れ(手前)。奥のジンベエザメは写真を引き伸ばして埋めたという=26日午後8時24分、北九州市八幡東区、伊藤宏樹撮影
リンク内に埋められた小エビの群れ(手前)。奥のジンベエザメは写真を引き伸ばして埋めたという=26日午後8時24分、北九州市八幡東区、伊藤宏樹撮影

スペースワールドの説明では、26日午前に山口県のローカルテレビ番組で「氷の水族館」について放映された後、問い合わせや批判の電話がかかってくるようになった。フェイスブック上にも「命を粗末にするものではない」「倫理観がなさ過ぎ」「残酷」などの書き込みが相次いだ。

「氷の水族館」の企画を紹介するスペースワールドの公式フェイスブック。魚の氷漬け過程を写真で説明している=フェイスブックから
「氷の水族館」の企画を紹介するスペースワールドの公式フェイスブック。魚の氷漬け過程を写真で説明している=フェイスブックから

スペースワールドの担当者は「魚は公設地方卸売市場で死んだ状態で水揚げされたものを、仲買人を通じて仕入れた。生きたまま凍らせたわけではないが、ネット上で生きたままだと誤解が広まったことは反省している。説明が不十分だった」と話した。今季はこのまま営業を続ける方針で、「来年5月の営業終了後は魚を供養する機会を設けたい」という。(伊藤宏樹)

スケートリンクが開場する前日にスペースワールドが公式フェイスブックに書き込んだ企画の紹介。「世にも奇妙なスケートリンク」「アホですな~」などと書かれている=フェイスブックから
スケートリンクが開場する前日にスペースワールドが公式フェイスブックに書き込んだ企画の紹介。「世にも奇妙なスケートリンク」「アホですな~」などと書かれている=フェイスブックから

情報源: スケートリンクに魚5千匹を氷漬け 「残酷」批判相次ぐ:朝日新聞デジタル


他にやりようはなかったのかとか、言いたいことはあるが・・・

スペワのアイススケート『フリージングポート』 | 福岡県北九州市のテーマパーク『スペースワールド』