ワインやウィスキーの熟成に使用される「オーク樽」はどのようにして作られているのか – DNA

オーク、つまり樫材の樽だな。


中央部分がぽっこりと膨らんだ姿が特徴的なオーク(ナラ、カシ)材から作られたオーク樽(たる)。主にワインやウィスキーの熟成用として使用されるため非常に精密な作業が求められるのですが、一体どのようにして作られているのでしょうか。

ドイツにある3つ工場の樽職人による木材の状態からオーク樽が完成するまでの全製造工程が撮影されています。

動画はこちらから。
How Giant Barrels Are Made – 3 Cooperages – YouTube

情報源: ワインやウィスキーの熟成に使用される「オーク樽」はどのようにして作られているのか – DNA

最近は機械を使うから、虫に比べれば楽かな?