IIJ、余ったデータ通信量値引き スマホ新料金 :日本経済新聞

ほぉ・・・


格安スマートフォン(スマホ)を展開するインターネットイニシアティブ(IIJ)は24日、使わなかったデータ通信量を月額料金から直接値引く新たな料金プラン「IIJミオ モバイルプラスサービス」を12月1日から始めると発表した。500メガバイトあたり100円を値引く。料金プランを分かりやすくし、スマホ初心者のニーズを取り込む。

都内で開いた説明会で、IIJのMVNO事業部の早坂忍企画推進課長は「通信量のムダを省きたいという主婦層を中心としたニーズは強い。料金から直接値引くプランを提供し、分かりやすさで訴えていきたい」と述べた。

新料金プランは3ギガ(ギガは10億)バイトと7ギガバイトの2種類。富士通かエイスース製の端末をセットとした料金プランで、端末の価格は1万7800円から3万8800円。別途3千円の初期費用がかかる。例えば3ギガバイトのプランであれば月額の通信料金は900円だが、1ギガしか使わなければ400円を月額料金から値引く。

大手携帯3社をはじめ、競合の格安スマホ事業者も余ったデータ通信を翌月に繰り越す料金プランを提供する場合が多く、IIJの新料金プランは業界では初めての取り組みとなる。分かりやすさを武器に、新たな利用者の獲得にもつなげる考えだ。

情報源: IIJ、余ったデータ通信量値引き スマホ新料金  :日本経済新聞

※3 割引上限額は、エコプランミニマムは400円、エコプランスタンダードは1,200円です。
※ バンドルクーポンの上限値は20GBまで設定できます。各プランの基本バンドルクーポン(3GB、7GB)を超える分については、500MBあたり100円がかかります。

割引される上限額が決まっているがな。