米国のDIYの達人、1万3000枚の硬貨で床を作る–人民網日本語版–人民日報

日本じゃ無理だろうな。


この米国女性が考え出したのはなんとも奇想天外な発想。1セント硬貨を1万3000枚使い、家の床を作ったのだ。見た目が美しいばかりでなく、価格も木の板より割安だという。

これは壮大かつ非常に手のかかる作業で、なんと2ヶ月ほどの時間が費やされた。彼女はその2ヶ月の間、硬貨の色で分類し、部屋の中央から貼り始めた。膨大な作業量にも関わらず、すべてが秩序正しく貼られ、その配置にも乱れが見られない。その後、硬貨を貼り付けた地面に接着剤を注入し、硬貨間のすき間を生める。最後にエポキシ樹脂を塗り、乾くのを待つ。こうして非常に美しい床が出来上がり、満足感もひとしおだったという。(編集YF)

「人民網日本語版」2016年11月23日

情報源: <動画>米国のDIYの達人、1万3000枚の硬貨で床を作る–人民網日本語版–人民日報

ビール瓶の王冠でバーカウンターの天板を装飾した人が居たな・・・

【これは凄い】ビール瓶のフタを5年間集めまくった結果→超絶美しい芸術品に!|面白ニュース 秒刊SUNDAY