【海外発!Breaking News】裏庭に捨てられたナイキの箱に生後6週の赤ちゃん(NY) | Techinsight

えぇ・・・


ニューヨーク州で他人の家の裏に放置された女の赤ちゃんは、なんとナイキのシューズ・ボックスに入って捨てられていた。いわゆる“赤ちゃんポスト”を使用しないこうした赤ちゃん置き去り事件がどうしても無くならないことに、アメリカで改めて波紋が広がっている。

ナイキの箱に入った赤ちゃん、置き去りに(出典:http://newsbuzz58.com)

NYPost.comなどが報じているところによれば、事件が起きたのはニューヨーク州ロングアイランドで11月10日午後9時ころとのこと。自宅でテレビを見ていたフランクリン・ウロア君(14)が裏庭から赤ちゃんの泣き声がすることに気づき、勝手口のポーチに放置されているナイキのシューズ・ボックスを発見した。

赤ちゃんがその中で大泣きしており、報告を受けたヴィクター・ロメロさん夫妻が911通報。毛布でさらにくるんで保護にあたった。赤ちゃんは病院での検査を経て生後6週間前後の女児と判明。現在はサフォーク郡児童保護サービスが保護しており、幸い健康状態は良好であるという。ただし赤ちゃんをそこに置き去りにした人物については目撃情報が得られていないもようだ。

ピンク色の帽子とセーターを着せて毛布にくるみ、そばにはミルクが入ったボトルも置いてあったというその赤ちゃん。「善意の第三者により生き延びて欲しい」という願望も感じられるが、親が意図的に子を置き去りにすることは乳幼児虐待、育児放棄、わが子の命を危険にさらした罪などで逮捕・起訴の対象となる。こうした場合は「赤ちゃん避難所法(SafeHaven Law)」にのっとった行動を選択するべきであるが、教会、医療施設、警察や裁判所、消防署といった施設で親がその旨を伝えて職員に赤ちゃんを手渡しするという今のシステムでは「抵抗を感じる」という親も多く、いわゆる“赤ちゃんポスト(Safe Haven Baby Boxes)”の設置も各地で急がれているもようだ。

出典:http://newsbuzz58.com

情報源: 【海外発!Breaking News】裏庭に捨てられたナイキの箱に生後6週の赤ちゃん(NY) | Techinsight|海外セレブ、国内エンタメのオンリーワンをお届けするニュースサイト

ようは、知られたくないんだよな。