ニュース – ドローンで宅配、楽天、ドコモなど千葉市で実証デモ:ITpro

法的にはどうなんだ・・・?


楽天、自律制御システム研究所、NTTドコモは2016年11月22日、ドローンによる配送システムの実証実験のデモンストレーションを実施した。舞台は国家戦略特区である千葉市。人口集中地域などにおけるドローンの飛行を禁じる航空法の規制が緩和されている。同市内の稲毛海浜公園において、LTEネットワークで遠隔制御したドローンを使って、通信販売の荷物を配達する実証実験を行った。

今回の実験は次のようなシナリオで実施した。

稲毛海浜公園内にある稲毛海浜公園プールにいる熊谷俊人・千葉市長が、楽天のスマートフォンアプリケーションを使ってモバイルバッテリーと書籍を注文する。注文を受けた楽天は東京都世田谷区にある本社からLTEネットワークを経由してドローンに離陸、配達を指示。荷物を積んだドローンが稲毛海浜公園の砂浜から飛び立ち、高さ20mで海上を飛行して、熊谷市長の待つ稲毛海浜公園プールに向かう。到着して荷物を降ろしたドローンは、再び稲毛海浜公園の砂浜に戻る。

次ページでは画像を使ってデモの様子を紹介する。なお、実際のデモは撮影などの都合から、砂浜から離陸してプールに向かってそのまま戻る、砂浜から発進してプールへ着陸する、という2パターンが実施された。

ドローンを使った荷物の配送デモンストレーション

楽天の配送用ドローン「天空」新型機
楽天の配送用ドローン「天空」新型機
熊谷俊人・千葉市長がスマートフォンで商品を注文
熊谷俊人・千葉市長がスマートフォンで商品を注文
稲毛海浜公園の砂浜からドローンが発進
稲毛海浜公園の砂浜からドローンが発進
海上を飛行
海上を飛行
ドローンは稲毛海浜公園プールへと向かう
ドローンは稲毛海浜公園プールへと向かう
配達目標地点に近づくドローン
配達目標地点に近づくドローン
ドローンは画像認識技術で楽天のロゴマークを目指して着陸
ドローンは画像認識技術で楽天のロゴマークを目指して着陸
荷物を降ろすドローン
荷物を降ろすドローン
モバイルバッテリーと書籍を受け取った熊谷市長
モバイルバッテリーと書籍を受け取った熊谷市長

東京圏国家戦略特別区域会議の千葉市ドローン宅配等分科会で座長を務める野波健蔵氏(自律制御システム研究所 代表取締役CEO)は、「来年4月、5月には、市川塩浜の倉庫群から離陸して、幕張の住宅地に荷物を届けるデモンストレーションを実施したい。遅くとも2019年には、第一弾となるビジネス宅配便が飛ぶと期待している。大都市部でのドローン宅配の実現に向けて、全力を尽くしている」と意欲を見せた。

千葉市の熊谷市長は「今回は実際にビジネスとして実現した場合に、どういったプロセスでやっていくのかが分かる実証実験だった。実用化を視野に入れた実証実験として意義があった」と評価。「2018年や2019年には、市民がスマホアプリを使って注文して、荷物を受け取れるような社会を作っていきたい」と語った。

楽天の平井康文・副社長執行役員は「地上から150mの空域は人類未開拓。そこに最善の技術がドローンであると確信している。都市部で、ドローンで、LTEを使って、というのは世界初のデモンストレーションとなる。楽天技術研究所の先進技術を活用して、ドローンによる宅配サービスの商用化を推進していく」とした。

今後の課題について、野波氏は「リスクが低いといわれる海上の第三者上空飛行の規制を緩和してほしい。これがないと実験を進められない」と指摘。千葉市の熊谷市長は「分科会は国と一緒にやっているプロジェクト。国と一緒にルールを作っていくし、自治体としても条例などやらないといけないことをやっていく」と返答した。

情報源: ニュース – ドローンで宅配、楽天、ドコモなど千葉市で実証デモ:ITpro

普及するかねぇ・・・