産業医科大学病院でまた点滴の袋に穴 北九州 | NHKニュース

内部犯だろ・・・


ちょうど1か月前に、点滴の袋に穴が開けられているのが見つかった北九州市の産業医科大学病院で、20日、また、点滴の袋に穴が開いているのが見つかり、警察は器物損壊の疑いで捜査するとともに前回の事件との関連を調べています。

警察によりますと、20日正午すぎ、北九州市八幡西区にある産業医科大学病院の9階の消化管内科などが入る病棟で、21日、使うために準備されていた点滴の袋に穴が開いているのが見つかりました。

病院によりますと、穴は、点滴の袋を点検していた際に見つかったということです。

警察によりますと、けが人などはいないということです。

この病院の同じ9階では、ちょうど1か月前、患者に投与されていた点滴1つと未使用の点滴2つに穴が開いているのが見つかったほか、向精神薬のアンプル2本がなくなり、警察が事件として捜査しているところでした。

警察は、今回についても何者かが袋に穴を開けたとみて器物損壊の疑いで捜査するとともに、前回の事件との関連を調べています。

産業医科大学病院は、「先月20日に点滴に穴が開いているのが見つかって以来、再発防止に全力を尽くしてきた。多くの皆様に多大なご迷惑とご心配をかけたことを心より深くおわび申し上げる。警察の捜査に全面的に協力していく」とコメントしています。

産業医科大学|点滴バッグに穴が開いていたことが判明したことのご報告とお詫び

情報源: 産業医科大学病院でまた点滴の袋に穴 北九州 | NHKニュース

どうなっているのやら・・・