インド北部で急行列車が脱線、120人死亡

死者が120人を超えたか・・・


img_2871ce18d3bcb42a2fb63e8a845a657c141893
20日、インド北部カンプール近郊で、脱線で大きくひしゃげた車両から生存者を探す救助隊員ら(AFP時事)

【ニューデリー=田尾茂樹】インド北部ウッタルプラデシュ州カンプール近郊で20日午前3時10分(日本時間同6時40分)頃、急行列車が脱線し、地元警察によると、少なくとも120人が死亡、200人以上が負傷した。

在インド日本大使館によると、日本人が巻き込まれたとの情報はない。

脱線したのは東部パトナと中部インドールを結ぶ14両編成の列車。PTI通信は鉄道当局筋の話として、レールが破損していた可能性があると伝えた。事故当時、乗客の多くは就寝中だったとみられる。

インドの鉄道は総延長が世界第4位で毎日2000万人以上が利用するが、設備の老朽化や安全管理体制の不備で事故が多発している。

情報源: インド北部で急行列車が脱線、120人死亡 : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


脱線した車両から生存者を助ける救助関係者=インド北部で20日、AP
脱線した車両から生存者を助ける救助関係者=インド北部で20日、AP

【ニューデリー金子淳】インド北部カンプール近郊で20日午前3時(日本時間同日午前6時半)ごろ、寝台列車(14両編成)が脱線し、地元メディアによると、少なくとも120人が死亡、200人以上が負傷した。重傷者も多数いるとみられ、犠牲者は増える恐れがある。原因は不明だが、レールに裂け目があった可能性が指摘されている。

地元メディアによると、脱線したのは中部インドールと東部パトナを結ぶ列車で、事故当時は乗客の多くが就寝中だった。車両はレールから外れて大きく傾き、このうち2両は衝撃でひしゃげるなど大きな被害が出た。

インドの鉄道は総延長距離が世界第4位で長距離移動の主要な交通手段だが、老朽化が激しく事故が多発している。西部アーメダバード・ムンバイ間の高速鉄道計画では日本の新幹線方式の導入が決まっており、背景には安全性への期待もあるとされる。

情報源:インド:北部で寝台列車脱線 120人死亡200人超負傷 – 毎日新聞


インド北部で急行列車脱線、乗客ら63人死亡

インド北部で急行列車脱線、乗客ら96人死亡


まだまだ、死者は増えそうだな・・・