原発避難いじめ問題 学校や教育委の対応 批判の意見相次ぐ 横浜 | NHKニュース

当然の反応だよな。


東京電力福島第一原子力発電所の事故で、福島県から横浜市に自主避難してきた生徒がいじめを受けていた問題で、18日、横浜市教育委員会の会議が開かれ、出席した委員からは学校や教育委員会の対応を厳しく批判する意見が相次ぎました。

この問題は、原発事故で福島県から横浜市に自主避難してきた現在、中学1年の男子生徒が転校してきた小学校でいじめを受けていたもので、横浜市教育委員会の第三者委員会は、学校などの対応が遅れたとして「教育の放棄に等しい」と厳しく非難しています。

18日、横浜市教育委員会で開かれた会議には、岡田優子教育長のほか、非常勤の委員5人が出席しました。

はじめに岡田教育長が今回の問題について「十分な支援をできずに申し訳なかった。学校と連携して再発防止への対策や制度を整えたい」と述べ、陳謝しました。

このあと5人の委員からは「まことに恥ずかしいことで教育関係者として猛省しなければならない」とか「横浜市内の小中学校に転入してきている福島の子どもたち150人への対応を見直すべきだ」といった意見が出ていました。

また、「情報の共有ができていなかったのは構造的な問題で、改革に取り組む必要がある」などと、学校や教育委員会の対応を厳しく批判する意見が相次ぎました。

情報源: 原発避難いじめ問題 学校や教育委の対応 批判の意見相次ぐ 横浜 | NHKニュース

まぁ、この手のいじめはなくならないよ。