一時 賞取り消しの女子生徒の写真 改めて展示 青森 | NHKニュース

へぇ・・・


いじめを苦に自殺したと見られる青森市の女子中学生を写した作品が、写真コンテストで一時、賞を取り消された問題で19日、写真コンテストが行われた青森県黒石市で改めてこの作品の展示が行われています。

展示されているのは、ことし8月、いじめを苦に自殺したと見られる青森市の中学2年、葛西りまさん(当時13)が舞台で踊る様子を写した作品です。

この作品は、黒石市などが主催した夏祭りがテーマの写真コンテストで、最高賞の黒石市長賞に決まりましたが、被写体が葛西さんとわかったあと賞を取り消されました。その後、遺族が納得できないとして写真を公開し、さらに市民などからも抗議の声が多く寄せられ、黒石市は賞の取り消しを撤回し、遺族に謝罪していました。

作品は、19日と20日黒石市で開催される「黒石りんごまつり」の会場で展示され、会場の一角には、地元の子どもたちが、いじめを題材に考えた標語なども展示されています。

会場を訪れた小学3年の男の子は「亡くなる10日前の写真と聞き、悲しくなりました。いじめはもちろん、悪口などで人を傷つけてはいけないと改めて思いました」と話していました。

情報源: 一時 賞取り消しの女子生徒の写真 改めて展示 青森 | NHKニュース

まぁ、いいのかねぇ。