「ダサい」観光ボランティア制服 小池知事「変えたい」

時代が違う。


0161118at84_p
2020年東京五輪・パラリンピックに向けた観光ボランティアチームの制服の一つ。昨年6月にお披露目されたデザインは、ネット上で否定的な声があがった=東京都提供

東京都の小池百合子知事は18日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、外国人観光客を案内している東京都のボランティアの制服を問題視し、「ちゅうちょなく変えていきたい」と述べた。昨年6月のお披露目以降、ネット上で「ダサい」などと否定的な意見が相次いでいた。

制服は、都が若手デザイナーを起用して制作した。都によると、ポロシャツや防寒着など4種類、計3735着がつくられ、昨年6月からボランティアが着用している。制作費用は計約3015万円にのぼる。

小池氏はこの日の定例記者会見で4種類の画像を示しながら、「申し訳ないけど、色もバラバラ。『これを着たいからボランティアになります』という話も聞いていない」とばっさり。

デザイナーのコシノヒロコさんら有識者による「東京ブランドのあり方検討会」を25日に立ち上げ、今後の方向性などを協議する。「より研ぎ澄まして、都民が着たいものにすることが東京のPRになる」と述べた。(野村周平)

情報源: 「ダサい」観光ボランティア制服 小池知事「変えたい」:朝日新聞デジタル

東京都の観光ボランティア向けユニホーム(東京都提供)
東京都の観光ボランティア向けユニホーム(東京都提供)

東京都の小池百合子知事は18日の記者会見で、舛添要一前知事の時代に作られた都の観光ボランティアが着用するユニホームを見直す考えを示した。小池氏は「着たいと思うようでないと広がらない。ちゅうちょなく変えたい」と明言。25日に設置する「東京ブランドのあり方検討会」で議論するという。

ユニホームは都が昨年5月、2020年東京五輪・パラリンピックに向けボランティアの裾野を広げようと、若手デザイナーに依頼し作製。これまでに、防寒着を含め4種類計約3700着を作り、3000万円程度を投じたという。

しかし、小池氏は現行のデザインについて「色もばらばら。これを着たいからボランティアになるという話は聞かない」とばっさり。舛添氏が昨年10月に発表した、観光地としての東京を海外にPRすることを目的としたブランドロゴ「&(アンド)TOKYO」に関しても一般への認知度を調べる考えを示した。(2016/11/18-18:51)

情報源:着たいと思う?=観光ボランティアの制服見直しへ-小池都知事:時事ドットコム

そもそも、若手デザイナーって誰よ?