首相 トランプ氏と「信頼関係築けると確信持てた」 | NHKニュース

ふむ・・・


安倍総理大臣は日本時間の18日朝、訪問先のニューヨーク市内でトランプ次期大統領とおよそ1時間半にわたって会談しました。このあと、安倍総理大臣は記者団に対し、信頼関係を築いていけると確信の持てる会談だったという認識を示したうえで、双方の都合のよいときに改めて会談することで一致したことを明らかにしました。

安倍総理大臣は日本時間の18日午前0時前、政府専用機で最初の訪問地・ニューヨークに到着し、午前7時前から、ニューヨーク市内のトランプ氏の住居が入る「トランプタワー」で、トランプ次期大統領との初めての会談に臨みました。

会談は通訳だけを同席させる非公式な形式で、およそ1時間半にわたって行われました。

会談のあと、安倍総理大臣は記者団に対し、「2人で本当にゆっくりと、じっくりと、胸襟を開いて率直な話ができた。大変温かい雰囲気の中で会談を行うことができた。ともに信頼関係を築いていくことができると確信の持てる会談だった。私はトランプ次期大統領は信頼できる指導者であると確信した」と述べました。

また、安倍総理大臣は、日米同盟を基軸とする日本の外交安全保障政策など、基本的な考え方を説明したとしたうえで、「さまざまな課題について話をしたが、まだトランプ次期大統領は正式に大統領に就任していない。そして、今回は非公式の会談であることから、中身をお話するのは差し控えさせていただきたい」と述べました。

そして、安倍総理大臣は、「2人の都合のいいときに、再び会って、さらにより広い範囲について、より深くお話をしようということで一致した」と述べ、双方の都合のよいときに改めて会談することで一致したことを明らかにしました。

日本の総理大臣が、アメリカ大統領選挙で勝利した候補者と就任式の前に会談するのは極めて異例です。

安倍総理大臣としては、日本の安全保障環境が厳しさを増す中で、トランプ氏と速やかに会談することで、個人的な信頼関係を構築する足がかりを築き、強固な2国間関係の堅持につなげる狙いがありました。

ただ、トランプ氏が今後、どのような具体的な政策を打ち出していくのかは依然として見通せず、安倍総理大臣は、引き続きアメリカ議会を含むさまざまなルートを通じて、トランプ新政権との関係作りを進めていくものと見られます。

トランプ氏 首相との写真を投稿

トランプ次期大統領は、安倍総理大臣との会談のあと、みずからのフェイスブックに笑顔で、安倍総理大臣と並んで写っている写真を投稿しました。そしてトランプ氏は、「安倍総理大臣が私の自宅を訪れ、これから偉大な友情が始まることを嬉しく思う」とコメントしています。

外務省幹部「成功に終わった」

会談を受けて、外務省幹部は「今回の会談の大きな目的は、トランプ次期大統領に会って信頼関係を築くということだったので、信頼関係を築くことができ、成功に終わった。今回の会談で、安倍総理大臣の考えは伝えたので、個別の具体的政策については、引き続き両国で協議していくことになる」と話しています。

防衛相「信頼関係を築くよい一歩」

稲田防衛大臣は閣議のあとの記者会見で、「当初の予定は45分だったところが1時間40分におよぶ会談だったとも聞いている。日米同盟は大変、重要な関係で、安倍総理大臣とトランプ次期大統領が予定時間を大幅に延長して率直な話ができたことは、信頼関係を築いていく、よい1歩になったのではないかと思う」と述べました。

民進 安住氏「朝貢外交だ」

民進党の安住代表代行は、記者会見で、「世界で最初に会うということが、本当に正しい外交姿勢かどうか極めて疑問だ。どういう対日政策をとるかなどを見極めるべきで、すぐ飛んでいくのは、『朝貢外交』ではないか。私は評価しない」と述べました。

経済同友会代表幹事「大きな収穫」

安倍総理大臣とトランプ次期大統領との会談について経済同友会の小林代表幹事は記者団に対し、「世界で一番最初に会談したのは大きな収穫で安倍総理大臣が成功裏に終わらせたのは日本にとっていいことだ。今までの歴史を見ても選挙で言ったことと大統領になってから行うことはかなり変節しており、トランプ氏も状況しだいで過去にこだわらず変えられるタイプではないかと期待している」と述べました。

情報源: 首相 トランプ氏と「信頼関係築けると確信持てた」 | NHKニュース

良好な関係であればいいが・・・