Facebookが火傷で顔に大きなやけどを負った消防士の写真を無断で削除して騒動に | スラド IT

この手の事、またか・・・


あるAnonymous Coward 曰く、

Facebookが、顔に火傷による傷が残ったスウェーデンの消防士男性の写真を二度にわたって無断で削除したことが騒動になっている(CNN.co.jpDailyMail)。

この男性は、1981年に消火活動中重度の火傷を負い、35年経った現在でもその痕が残っているという。男性の60歳の誕生日、彼の友人が写真を記念にFacebookに投稿したところ、1時間もしないうちに写真が削除されたそうだ。再度投稿を行ったものの、そちらも削除されてしまったため検閲されていたことに気付き、Facebookに抗議を行ったという。

火傷は顔面全体に残っているだけでなく、これによって耳や髪の毛、眉毛も失っているという。そのため、確かに知らない人が写真を見たら嫌悪感を持つ可能性はないとは言えないが、消防士の業務中の火傷ということで地元では敬意を払われており、また本人もこれに対し遺憾の意を示しつつ、冷静に検閲に対する不満を語っている模様。Facebook側はミスを認め謝罪している。

情報源: Facebookが火傷で顔に大きなやけどを負った消防士の写真を無断で削除して騒動に | スラド IT

前は、ベトナム戦争の有名な少女の写真だったっけ?