【経済インサイド】「SUBARU」への社名変更控えた富士重 米国で快進撃 トランプ氏に試される「冷静と情熱のあいだ」戦略(1/3ページ) – 産経ニュース

ふむ・・・


創業100年の平成29年4月に会社名を「SUBARU」に変更する富士重工業が巧みな戦略で自動車業界での存在感を高めつつある。平成29年3月期の世界販売は106万台と初めて100万台を突破する見通し。牽引(けんいん)役は米国市場。売れ行きに生産が追いつかず増産投資を決めたほどだが、ひとたび在庫がたまっているとみるや生産調整を行うなど、前のめりになりすぎない「冷静と情熱のあいだ」戦略で、業界屈指の利益率をたたき出す快進撃につなげている。

富士重工業の米国拠点「SIA」で生産される「インプレッサ」

「富士重は米国で細かく生産対応を行っていく」

富士重の吉永泰之社長は11月2日の28年9月中間決算発表の会見で下期の米国生産に関する戦略をこう説明した。

富士重は米国拠点の生産設備能力を年内に3月末より8割増の39万4000台に増やすため、今年度は当初、34万1000台を生産する計画だった。しかし、9月中間段階で主力の「レガシィ」のリースが鈍り、在庫が5000台に達しているとみるや、その分、今年度の生産計画を5000台減らし33万6000台に見直した。

設備増強投資を行った場合、国内の製造業の多くはその分をフル稼働させるのが一般的だ。投資分を早期に回収したいからだ。しかし、富士重は製品が余っているのに無理な生産を行い在庫をさらにため込み安売りするより、生産を絞り需給を引き締める道を意識的に選んでいるわけだ。

在庫を増やすとそれをさばくためにどうしても値下げが増える。その結果、値下げのために販売奨励金を積み増せば、収益悪化という悪循環を招きかねない。

このため、富士重はまず在庫の調整を急ぎ「ディーラーの在庫が少し足りないくらいになれば、生産も元に戻す」(吉永社長)方針だという。

富士重工業の米国拠点「SIA」で生産される「インプレッサ」
富士重工業の米国拠点「SIA」で生産される「インプレッサ」

米国の自動車市場はガソリン安でスポーツ用多目的車(SUV)やピックアップトラックが好調な半面、乗用車は苦戦しており、吉永社長も「全体需要はピークアウトした」と話す。

市場の減速影響で足元は値下げ競争が激化しており、自動車各社は軒並み販売奨励金を増額。その額は1台当たり平均で3400ドル近くに膨らんでいるが、その中でも富士重は1300ドルと3分の1程度に抑えられるとみる。

主力の「インプレッサ」の新型車を投入するほか、SUV「フォレスター」や「アウトバック」などの既存車種は納車待ちとなるほど人気のためだ。

富士重工業の米国拠点で生産される「インプレッサ」
富士重工業の米国拠点で生産される「インプレッサ」

需給バランスの関係で、品薄になれば、当然、価格は高く保てる。富士重は今年度の北米販売を71万4000台と前年度比13.3%増やす計画だが、吉永社長は「若干、品薄くらいの状態を維持して、台数当たりの競争力を保つ」と収益力にこだわる姿勢を示す。

北米の販売比率が約7割に達する富士重では為替が1ドル1円の円高になると年100億円の営業利益が吹き飛ぶ計算で、今期は為替影響だけで1965億円の減益要因と見込む。

富士重工業の米国販売の押し上げ効果が期待される新型「インプレッサ」
富士重工業の米国販売の押し上げ効果が期待される新型「インプレッサ」

だが、巧みなかじ取りで本業の収益力を示す連結売上高営業利益率は11.7%と、ホンダやマツダの4.8%を大きく上回り、国内自動車メーカーで断トツの稼ぐ力を維持する見通しだ。

富士重工業の米国インディアナ州の生産拠点「SIA」
富士重工業の米国インディアナ州の生産拠点「SIA」

富士重は世界販売台数の約6割を米国が占め、輸出比率が約8割と自動車大手の中でも高い。米大統領選のドナルド・トランプ氏の勝利による円安傾向が続けば業績の追い風になる。ただ、次期政権が関税の引き上げなど保護主義的な政策を鮮明にすれば、富士重にとっても打撃となりかねない。英文表記「SUBARU」の社名変更でさらにグローバルブランドを目指している同社の戦略の真価が試されることになる。(今井裕治)

情報源: 【経済インサイド】「SUBARU」への社名変更控えた富士重 米国で快進撃 トランプ氏に試される「冷静と情熱のあいだ」戦略(1/3ページ) – 産経ニュース

すごいねぇ・・・