小学校で3教諭が“隠れたばこ” 「敷地外で住民から苦情」と吸い続け…:イザ!

バカすぎる。


大分県日田市立日隈小学校で男性教諭3人が、全面禁煙の校舎内で隠れてたばこを吸い続けていたことが16日、同市教育委員会や同校への取材で分かった。3人は同校の聴取に「前は敷地外で吸っていたが、住民から苦情が来たから」と説明。市教委は教諭や校長らの処分を検討している。

市教委などによると、隠れて吸っていたのは40~50代の3人。そのうち2人は平成26年10月から、もう1人は昨年4月ごろから、児童らが立ち入らない一室に灰皿代わりの空き缶を持ち込み、休み時間や放課後に喫煙していた。

校長は、着任して間もない昨年4月に事態を把握し、口頭で何度も注意。だが3人は、隠れたばこをやめなかった。今月まで市教委へ報告しなかった校長は「重く受け止めていなかった」と話しているという。

健康増進法に基づき、市教委は05年度から、全ての市立学校で敷地内を全面禁煙にしている。

情報源: 小学校で3教諭が“隠れたばこ” 「敷地外で住民から苦情」と吸い続け…:イザ!

隔離しないと。