知床の遺跡で古代銅銭 国内最北の発見 :日本経済新聞

ほぉ・・・


オホーツク海に面した北海道・知床半島のチャシコツ岬上遺跡(斜里町)で、古代律令国家が発行した皇朝十二銭の一つで奈良時代に造られた「神功開宝」が出土し、町立知床博物館が16日までに発表した。古代の銅銭貨幣の発見としては国内最北で、同博物館は「オホーツク文化が、近畿の律令国家と交流していた可能性を示す資料だ」としている。

見つかったのは1枚で、直径約2.4センチ。真ん中に四角い穴が開いており「神功開寳」と記されている。皇朝十二銭は奈良時代から平安時代に国が発行した12種類の貨幣の総称。神功開宝は3番目に当たる。

オホーツク海沿岸では5~9世紀、海洋狩猟をなりわいとしたオホーツク文化が栄えた。同遺跡は、その終末期にかけて発展した集落跡とされている。皇朝十二銭は道内ではこれまで、恵庭市や千歳市などで見つかっているが、オホーツク文化の遺跡から出土したのは初めて。〔共同〕

情報源: 知床の遺跡で古代銅銭 国内最北の発見  :日本経済新聞

思われているよりも活動範囲は広かったんだろうな。